【ご紹介】SEO対策に強いサイトを構築するWordPressテーマ「賢威」

内部SEOを徹底的に研究し、最適だと思われるノウハウを注ぎ込んだ、WordPressテーマ&HTMLテンプレート=賢威。

このテンプレートを使用すれば、内的SEO対策の間違いはまず起こりえないと言えるでしょう。

一方、外部SEO対策については、付属の「外的SEOマニュアル」が心強い味方となってくれます。

Webサイト構築者を、正しいSEOに導くために開発されたテンプレート「賢威」。

あなたがもし、検索に強いサイトを手に入れたいとお考えでしたら、今すぐ詳細確認をオススメします。

賢威の詳細を確認する

なぜ、SEOの基本事項をWEBクリエイターが知っておくべきなのか?

Date:2012/10/09 | Category:Webマーケティング・検索上位へのSEO対策
googleのイメージ

SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)とは「特定のキーワードで検索した際に、自サイトが上位表示されるように最適化する」こと。

マーケティングを考えた際、SEOは当然 重要になります。

そして、SEOには主に内部対策と外部対策と呼ばれるものがあり、両方をきちんと行っていくことが大切。

最初に両者を、ざっくりと整理してみましょう。

まず、内部対策の項目としては、以下が挙げられます。

  1. titleタグ
  2. meta ディスクリプション
  3. meta キーワード
  4. コンテンツの質と量・更新頻度
  5. ドメイン(URL)の強さ
  6. 適切なカテゴリー分け
  7. サイトマップ

一方、外部対策は ズバリ「質の高い 被リンクの獲得」、これに尽きます。

で、2つのうち内部対策は、WEBクリエイターがサイトを制作したり、リニューアルする際に直接関わってくるので、基本的なことは知っておく必要があるんです。
そこで、マーケティングシリーズ最終回は、SEOの内部対策についてお伝えしましょう。

記事の続きを読む

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

サイトをシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

flight