光と色の三原色、三属性(色相・明度・彩度)とは?

Date:2013/12/29 | Category:WordPressデザインテーマ テンプレート情報

知ると次のようなメリットがあります。

カラー理論イメージ

色の基本的なセオリーを知っておくことは、さまざまな場面で役に立ちます。

それは、配色を考える時であったり、photoshopやillustratorなどを使用するときであったり。

あるいは、デザインについてのコミュニケーションをとる場面などです。

今日は、三原色および、明度・彩度・色相について解説します。

WEBデザインは、光の三原色(RGBカラー)で表現。

RGBカラー

原色とは、あらゆる色の元となる色のこと。光における原色は、Red(赤),Green(緑),Blue(青)の三色です。

3つの波長の違う発光によって、さまざまなカラーが作られています(と、便宜的に分類されます)。

なので、パソコンディスプレイの光によって表現されるWEBデザインでは、主にRGBカラー方式を使用します。

ちなみに、3色の光を同じ量で重ねると「真っ白」になり、光が全くない(#000000)場合は「真っ黒」になります。

印刷デザインは、色の三原色(CMYカラー) or 四原色(CMYKカラー)で。

CMYKカラー

一方で、色素(インクなど)における原色は、Cyan(シアン),Magenta(マゼンタ),Yellow(イエロー)の三色。
と、いきたいところなのですが、実はこの3色では表現できない色があります。

それは、真っ黒です。

なので、DTPデザインの世界では、上記にKeyPlate(キー・プレート)=真っ黒を追加した、CMYKカラー方式が一般的です。

色の三属性とは?

色を表したり区別したりする基準は、3つあります。

それは、色相・明度・彩度の3つ。
まとめて色の三属性とよびます。

色の三属性は、最低限知っていなければならない、カラーデザインの基本知識です。

色相=赤,黄,緑,青といった色味のこと。

色相(マンセルシステム)

色相とは、私たちが物を見たときに感じる、「黄色」とか「緑色」といった色味の視感覚のこと。

なので、「赤だと色が合わないので、青に変えよう」というセリフは、 厳密には「赤だと色相が合わないので、青に変えよう」が、正解になります。

右のイラストは、代表的な色相を円状にならべた、色相環という図。

対角線上の反対側にある色相を補色と呼び、お互いをより目立たせる関係にあります。

明度=白に近いか?黒に近いか?という度合い。

色相が同じでも違っても比較できる、明暗の度合いを明度といいます。

別の言い方をすると、白色に近づくほど明度が高い、黒色に近いほど明度が低いという基準のことです。

低い 明度 高い
           

彩度=色の鮮やかさの度合い。

鮮やかさ(グレーっぽさが無いほど鮮やか!)の度合いを彩度といいます。

鮮やかな色ほど彩度が高く、くすんでグレーっぽい色ほど彩度が低いという基準です。

ちなみに、白、黒、グレーは彩度が最も低い色相であり、これらは無彩色と呼ばれています。

低い 彩度 高い
           

明度と彩度は混同しがちですので、要注意ですね!

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags


Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply