【まるで参考書】ドメインって何?URLって何?をガッツリ解説。

Date:2016/07/28 | Category:WordPress・WEB用語解説

超初心者に捧ぐ!ドメインって何?

ドメインとは例えて言うなら、各ホームページの住所のようなもの。

また別の言い方をすると、無数にあるホームページを区別している識別子とも言えます。

もちろん、ホームページを開設する場合、このドメインが必要です。

今回はネット初心者の方向けに、ドメインやURLとは何なのか?を解説したいと思います。

ドメインとURLの関係ってどんな感じ?

URL

私達がホームページを閲覧する場合、URL(Uniform Resource Locator)と呼ばれる文字列を、ブラウザのアドレス欄に入力します。

例えば、検索サイト大手のヤフーなら「http://www.yahoo.co.jp」がURLになります。

このURLのyahoo.co.jpの部分が「ヤフーのホームページですよ」ということを表すドメインになっている形です。

また上記ヤフーのドメインには、末尾にco.jpという言葉が入っていますね。

このco.jp形式を、多くのホームページで見かけると思いますが、これは該当するホームページの概要を表しているのです。

具体的には、co.jpの場合はcoがカンパニー、つまり企業であること、jpがジャパン、日本という意味になります。

よって、ヤフー(yahoo.co.jp)の場合は、日本の企業のホームページだという意味を表している。

要するに、ドメインはそのホームページの住所であると同時に、どんな組織や個人が運営しているのについても、ある程度示してくれているわけです。

ドメインは、どのように決まるのか?

ドメイン

ホームページには必ずこのドメインが必要になるため、サイトを作成し開設する場合もドメインを取得しなければなりません。

そうしないと、他のユーザーがホームページにアクセスできないからです。

住所がわからないお店や家に行けないのと一緒です。

ドメインの取得は、誰でも自由に好きな文字列で作ることができます。

ただし、すでに作成・利用されているドメインと同じ文字列を指定することはできません。
よってこの場合は、他のドメインを考える必要があります。

また、ドメインをわかりやすいものすることで、URLを覚えてもらいやすくなるため、アクセス数増加にも一定の影響を与えると考えられます。

ですから自由に決められるとはいえ、なかなか重要な事項と言えますので、あまり適当に決めてしまうと後悔するかもしれません。

既に存在するドメインと重複できないという制限がありますが、その制限の範囲においてできるだけわかりやすくシンプルなものにするのがコツでしょうか。

もっとも、一度開設したサイトのドメインを、後で変更すること自体は可能になります。

しかし、ホームページのアドレスやメールアドレスが変更となるわけですから、いろいろと手続きが面倒です。

基本的には、最初に決めたドメインを使い続けるつもりで慎重に決めましょう。

なお、レンタルサーバーを利用する際、ドメインも取得できることが一般的です。

ですので、まずはレンタルサーバーを決め、その後でドメインをどうするかを考えると吉かもしれません。

WordPressを使用できるレンタルサーバーのまとめは、こちらになります。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply