SSD搭載レンタルサーバーのメリットや選ぶ際の注意点とは?

SSDサーバー、借りる前に知っとこ!

最近、SSDを搭載したレンタルサーバーが増えてきており、よく目にします。

では、SSDとはいったいどんなもので、それを搭載しているレンタルサーバーにはどんな利点があるのでしょうか?

また、何か注意点やデメリットはあるのでしょうか?

今回はSSDについて紹介したいと思います。

SSDとは何なのか?

まずは、SSDについて知っておきましょう。

SSDとはコンピュータ、この場合はサーバーデータを保存しいつでも使えるようにしておく装置のことを言います。

データを保存する装置と言えば、HDDと表記されるハードディスクが一般的ですが、SSDも用途はまったく同じと考えて差し支え無いでしょう。

さて、レンタルサーバーの多くも基本的にはHDDにデータを保存し管理しています。

そのHDDが、最近になってSSDに取って代わられつつあるわけです。

レンタルサーバーでSSDが増えている理由。

SSDのメリットとは?

SSDが増えている理由はズバリ、HDDに比べて処理が高速なことです。

要するにメリットがあるから増えているわけです。

さて、Webサイトは、画像データなど多くのデータが集まって1つのページを構成します。

そしてユーザーはサーバーにアクセスし、上記のデータをすべて読み込むことでサイトを閲覧しているのです。

その際、処理速度が遅いHDDですと、ページの表示に時間がかかってしまうことがあります。

一方でSSDは処理速度が早いため素早くページを表示させられ、いわゆるユーザビリティの向上、ひいてはSEO力にもつながってきます。

特に近年のWebサイトは情報量も多く、データの素早い処理が求められていますので、SSDには大きな期待が寄せられているとも言えるのです。

SSD搭載サーバーを選ぶ際の注意点!

SSDの注意点!!

ただしSSDにもデメリットはあります。
高性能な分、コストが高くなってしまうことです。

HDDとSSDで同じデータ容量のレンタルサーバーを借りる場合、当然SSDの方が高く付きます。

また、いわゆる格安系のレンサバサービスだと、利用できる容量がHDDに比べて少なくなってしまう(容量追加が不可能な)場合もあります。

コストを上げてでも環境を良くするか、それともコストを維持するべきなのか、しっかり検討しなければいけません。

この点が、SSDの注意点といえます。

もっとも、上記のうち容量の問題は徐々に解消されつつある状況です。

それに伴い近い将来、利用料が下がることも予想できるでしょう。

現在では少し使いづらい印象もあるSSDですが、今後はさらに普及しHDDよりも一般的になるのは間違いありません。

レンタルサーバーによっては、HDDでSSDの両方が使えるハイブリッドブランなども提供していますので、自身が望む環境に適したものを選ぶようにしましょう。

SSDなら良くてHDDではダメ!との決めつけるのは早計かもしれません。

費用対効果を考え、必要なのはどちらなのか?を見極めることが重要です。

ちなみに、こちらのWP対応レンタルサーバー比較のページにて、SSD搭載の高速サーバーも紹介しています。 サーバーをお探しの方は、ご参照ください。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply