【まるで教科書】サイトの垂直展開と水平展開!神のリソース配分法。

Date:2016/12/26 | Category:Webマーケティング・検索上位へのSEO対策

新規立上げと既存強化!理想の力配分とは?

新規サイトの展開(横展開)と既存サイトの強化メンテ(縦展開)に対して、限られたリソースをどのように配分していくか??

一定規模の収益サイトを運営している方でしたら、誰しも悩んだことがあることでしょう。

今回は、サイトの水平展開と垂直展開のリソース配分における、オススメの割合を紹介したいと思います。

新規サイトを軌道にのせるには、めっちゃコストがかかる。

う〜ん。。。金がかかるにゃあ〜〜。

「新規客の獲得コストは、既存客維持コストの5倍かかる!」

マーケティングの世界において、1:5の法則として知られている言葉です。

上記は新規サイト立ち上げコストと、既存サイトのメンテ育成コスト当てはまるでしょう。

特に新規ドメインでのサイトを作った場合は、Googleからの評価までに時間もかかるため、1:5どころではないかもしれないです。

とにかく新規サイトを軌道に乗せて収益を生み出すことは、既存サイトを育てて収益を増やすことに比べて、大きな労力や時間・費用がかかるわけです。

一年スパンで見た場合、既存強化のみの方が儲かる!

へへへっ!儲かりまっせぇ〜〜。

前述のように、新規サイトの立上げ(横展開)はとにかくコストがかかります。

なので短いスパンで見た場合、既存サイトの強化やメンテ(縦展開)のみにリソースを集中した方が利益アップがのぞめるようです。

これは私自身も体験していますし、Web制作で関わったクライアントの方々にも当てはまっています。

また、アフィリエイターの方々の記事を閲覧しても、同意見が多いようです。
(※いわゆる量産型アフィリエイトをされている方は真逆の思考行動になりますが。。。)

だったら新規サイトなんて立ち上げなければ良い?

いえいえ長期で考えた場合だと、そうも言っていられないわけです。

五年先を考えたら新規立ち上げも大切。

先を見越せば新規も大事!

五年先を考えた場合、一つのWebサイトだけでやっていくのはリスクが高くて怖い。
例えば、、、

  • 1. 既存サイトの収益が頭打ちになるかも。
  • 2. 既存サイトが検索結果から消し飛ぶかも。
  • 3. 既存サイトのジャンルが廃れるかも。
  • 要するに既存ビジネスの縮少・消滅リスクが怖い。

だから、新規サイトを立ち上げて軌道にのせていく=サイトの横展開をやっておいた方が良いだろう、将来のためにも。

この点については、あなたにも同意いただけると思います。

要するに、割合としては既存の方が大きくなるにしても、新規にも少なからずリソースを割り当てる必要があるということです。

では、新規サイトにかけるリソースは、既存との兼ね合いを考えた際、どのように配分していけば良いのでしょうか?

これはもちろんケースバイケースであり、正解に近づけるための分析手法はあるものの、明確な答えをパッと導き出せるわけではありません。

ですが、単に使える、オススメの配分割合なら存在します。

それは、ユダヤの法則と呼ばれる比率です。

オススメ比率は、神の比率「78:22」=「ユダヤの法則」。

神のバランス!78:22を紹介しま〜す。

ユダヤの法則とは、「78:22」の比率こと。

この比率は、世界の様々な事象を構成している比率であり、特に自然科学、金融、ビジネスの分野に顕著に現れると言われている法則です。

TV番組「やりすぎ都市伝説」においてオリエンタルラジオの中田さんが紹介されていたことから、ご存知の方も多いかもしれません。

ユダヤの法則に当てはまった事例は、以下のとおりです。

  • 人体の構成物質は、水分(78)その他(22)
  • 地球の構成要素は、海(78)陸(22)
  • 空気の構成要素は、窒素(78)その他(22)
  • 肺呼吸(78)と皮膚呼吸(22)
  • 理想の腸内環境は、善玉菌(78)悪玉菌(22)
  • 金融の理想は、預金者(78)借金者(22)
  • 足裏の体重負荷は、かかと側(78)つま先側(22)
  • お金の78%は22%の金持ちが所有

このように様々な事象に当てはまる、何とも神秘的な法則であり、神の比率とも呼ばれています。

ちなみにビジネスに活用された事例としては、日本マクドナルドのサンキューセットおよび、SoftBankによるフランスのロボット開発会社、アルデバラン・ロボティクス社の買収が挙げられます。

具体的には、

  • 390円であるサンキューセットを、ワンコイン500円で購入した際の価格割合。
    → 78%
  • アルデバラン・ロボティクス社買収のための株式購入割合。
    → 78%

です。

もちろん状況にもよりますが、78(既存サイト):22(新規サイト)の比率でしたら、すぐにでもあなたのリソース配分戦略に活用できるのではないでしょうか?

まとめ。

新規サイトの立ち上げと既存サイト強化へのリソース配分は、多くの人が迷うもの。
明確な答えがないためです。

この点、まず新規サイトはコストがかかるため、既存に多くを割り当てた方が得策です。

そして、オススメの割合はビジネスを含めたさまざまな事象に当てはまるユダヤの法則にのっとった形。

すなわち、既存サイト(78):新規サイト(22)といったリソース配分になります。

ぜひ、あなたのサイト運営に役立てていただければ幸いです。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply