【jQueryの基本のキ】CSSメソッドで複数プロパティを指定するコード

ど忘れしがちな「.CSS();」の複数指定構文

CSSのセレクタと値を設定できるjQueryのCSSメソッド。

どこかをクリックしたら、ちょっとしたスタイルをあてたりする際などに、とても便利です。

ただ、このCSSメソッドにおいて、複数プロパティを指定する際の構文をど忘れすることがあります。

今回は、コピペOK!な形でCSSメソッドの複数指定コードを紹介します。

1つのプロパティを「.css();」で指定する場合。

1つのプロパティを指定する場合の構文は以下のとおりです。

例えば、(DOM要素が読み込まれた後すぐに)textGreenというクラス名の<P>タグ内テキストを緑色にしたい場合、以下のような記述となります。

複数のプロパティを「.css();」で指定する場合。

複数のプロパティを使用したい場合は、下記のように連想配列(文字列をキーとして値を設定した配列)の形にて指定することが可能です。

この点、「.css(‘プロパティ’,’値’:’プロパティ’,’値’);」ではないことに注意が必要です。

例えば、(DOM要素が読み込まれた後すぐに)textGreenというクラス名の<P>タグ内テキストを、
緑色、下線付き、サイズを24pxとしたい場合、
以下のような記述となります。

ど忘れしないように、頭に叩き込んでおきたいものです。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

flight