【THE THOR】SEOに強く多機能!デザイン力も高いWordPressテーマ

格安や無料の低品質なWordPressテーマで満足できる方には『THE THOR』は不要でしょう。

一方で、文字通り日本最強の機能性(SEO対策力を含む)を有したWordPressテーマを手にして、『個性的な上に爆発的な収益力を誇るブログやサイトを作りたい』という志の高い方にこそ、THE THORの詳細をチェックいただくことを切実にオススメします。

 詳細を確認する

【WP初心者講座】ウィジェットの意味と使い方を解説しました。

今更聞けない!ウィジェットの意味とは?

WordPressには便利な機能が多く存在しますが、その中の一つにウィジエットがあります。

ブログなどを見かけるとサイドバーに様々なパーツが存在していますが、WordPressではそれらのパーツを詳細に管理できるのです。

例えば、過去の人気記事をサイドバーに表示させたいと考えた時に、ウィジェット管理画面からその機能を表示するよう設定することで実現されるわけです。

また、必ずしもサイドバーだけが表示できる場所であるというわけではありません。

テンプレートによっては、トップページの一部分や、フッターなどに設定できることもあります。

記事の続きを読む

レンタルサーバーとクラウドサーバーの違いを解説しました。

クラウドサーバーって何?に答えます。

近年、多くの方に注目されるようになったクラウドサーバー。

現在ではサーバーの利用を考える時、レンタルサーバー(物理サーバー)にするか?クラウドサーバーするのか?を検討する必要があります。

今回は、従来からのレンタルサーバーと最近になって利用され始めたクラウドサーバーの違いや、そのメリット・デメリットを解説します。

記事の続きを読む

発注検討者は必見!制作会社によるワードプレス構築料金の目安。

制作会社の相場を知っておきたい方へ。

WordPressなどのCMSを使ったWebサイトやブログの構築は、もちろん個人でも可能です。

ただ企業サイトの場合には、デザインのセンスやサイト規模、機能面や運用面でのメンテナンス性や安定性が要求されますので、一般的に制作会社に依頼する事も多いと思います。

今回は、制作会社にWPサイトを依頼する際の料金目安や注意点を紹介します。

記事の続きを読む

なぜ、あの有名な賢威テンプレートはSEOに強いのか?

パンダ?ペンギン?恐るるに足らず!

2013年5月投稿、2015年11月最終更新。

沈黙のWebマーケティングで有名なウェブライダー提供の、SEO特化型WordPressテーマ&HTMLテンプレート賢威」。

2015年11月現在、プロトタイプ版であるHTML5の賢威7.0、レスポンシブの賢威6.2、そして旧版である賢威5.0が使い放題のパックで有料販売されており、集客用SEOテンプレートとして不動の地位を築いています。

その最大の特徴は、言わずもがな圧倒的なSEO効果。この記事では、賢威の評判やSEO力に迫りたいと思います。

記事の続きを読む

WordPressとMovabletypeを主観で徹底比較しました。

CMSの有名どころWPとMTの違いとは?

ブログや企業向けのサイトを開発する時に、後々のメンテナンスやデザインの変更などを効率的に行える環境を整える為に、CMSはとても便利です。

CMSを使う際には、当たり前ですがどのCMSを使用するかを選択する必要があります。

日本で活用されているCMSで有名どころは、やはりWP(WordPress)と、MT(Movabletype)でしょう。

そこで今回は、ワードプレスとムーバブルタイプの特徴を(主観を交えて)徹底比較してみました。

記事の続きを読む

「レンタルサーバーとは何か?」そんなの今更、聞けないでしょ!

聞けないなら、これを読むべし。

WordPressでサイトを作るには、レンタルサーバーの利用が必須です。
(※レンタルブログサービスである、WordPress.comの利用を除く)

レンタルサーバーとは、サーバーを貸し出してくれるサービスの総称で、ホスティングサービスなどとも呼ばれます。

今回は初めてサイトを構築される(構築を検討している)方向けに、レンタルサーバーの概要を解説したいと思います。

記事の続きを読む

プロが選ぶ!ランディングページ用WPテーマ・テンプレートBEST8。

LP制作に自信はありますか?

私は会社で、毎日HTMLとCSSと書いています。

また、週の半分くらいはPhotoShopなどでUIデザインを作り、それ以外の日はJavascriptを記述し、たまにPHPを書きます。

このような類の人種にとって、LP(ランディングページ)をWordPressで作ることにあまりメリットはありません。

パッとデザインをつくって静的HTMLページとしてコーディングした方が、むしろ速いからです。
(∗コピーライターでは無いため、文章作成に時間はかかりますが。。。)

一方、サイト制作に慣れていない方にとって、LPをWordPressで作ること、特にデザイン素材がパックになっているLP用テーマを使用することには、大きなメリットがあります。

記事の続きを読む

まるで教科書!有料テーマ・テンプレートの選び方、8つの手順。

どんな基準でテーマを選べば良いのか?

世の中には数多くのWordPressテーマが販売されています。

そのためいわゆる情報過多の状態になり、どれを選べば良いのか分からない方もいらっしゃるでしょう。

今回は、あなたに最適なワードプレステンプレートをお選びいただくために、絶対おさえておくべき事項をピックアップ!

その項目を8つの手順としてまとめました。

記事の続きを読む

サイトをシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする

flight

  • ショップ・企業向けワードプレステーマデザイン研究サイト
  • なぜ、利益の出るサイトを作ることができないのか?
  • 目的に合ったサーバーを選ぶ。
  • ハイクオリティなデザインテーマを手に入れる。
  • 効果的なSEO対策・マーケティングを行う。