【無料あり】ペラサイト向けWordPressテーマ3つ【プロが厳選】

『ペラサイトに向いているWordPressテーマってどれだろう?』
『シリウスはデザインが古いし高いのでWordPressの方が良い』
『ペラサイトを効率良く作れるWPテーマがあれば教えて欲しい』

近年、ペラサイトもWordPressという方が増えてますが、どのテーマを使えば良いか?と悩んでしまうケースが多いです。

昔の私も同じような悩みを持っていました。
プロフィールは下記のとおり。

WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介 WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介

ちなみにアフィリエイトは2011年から開始。
アフィリ月収は、だいたい本業の給与を超えている感じです。

この記事では、ペラサイト作成に適したデザインや機能を備えたWordPressテーマ厳選3つを紹介し、作り方と注意点も解説します。

記事を読み終えると、WordPressを使って効率良くペラサイトが作成できるようになります。

流し読みでも充分に有益です。最後までご覧ください。

【結論】ペラサイトに最適なWordPressテーマ3選【表にまとめた】

次のとおり。

ペラサイトに最適なWordPressテーマ3選
テーマ 特徴 価格(税込) デモサイト確認
Diver 入力補助機能が神レベル 17,980円 無料でデモを確認
THE THOR プラグイン不要SEOに強い 16,280円 無料でデモを確認
Cocoon 人気の高い無料テーマ 無料 無料でデモを確認

続いて『ペラサイトに適したWPテーマのポイント』を解説します。

すでに基本を知っている方は、こちらをクリックして『ペラサイトに最適なWordPressテーマ3選の詳細説明』へ移動できます。

ペラサイトに適したWordPressテンプレートのポイント【3つある】

ペラサイトに適したWordPressテンプレートのポイント【3つある】

以下の3つがポイントになります。

  • サクサク効率良く記事を書きやすいか?
  • お問合せフォームを簡単に設置可能か?
  • 手間なく1カラムへの変更ができるか?

サクサク効率良く記事を書きやすいか?

ペラサイトは量の勝負になるので、効率良く完成度の高いサイトをたくさん作る必要があるためです。

なので例えば、記事の装飾が楽、ボタンなどのパーツを簡単に設置できるなどの機能があるとGood!

記事を量産しやすいテーマを選びましょう。

お問合せフォームを簡単に設置可能か?

なぜなら、お問合せフォームを設置した方がGoogleに健全なサイトと評価されやすいから。

とはいえ、設置が面倒だとサイトの量産がやりにくくなってしまいます。

なので、簡単にお問合せフォームを設置できるテーマを選びましょう。

手間なく1カラムへの変更ができるか?

一般的に、ペラサイトは1カラムで量産した方が成約率が上がるからです。

なので、記事ごとに簡単に1カラムが設置できるテーマを選択するのが吉になります。

ペラサイトに最適なWordPressテーマ3選【詳細説明です】

繰り返しになりますが、下記の3つです。

  • Diver:入力補助が神レベル、サポートも充実
  • THE THOR:プラグイン不要、高速でSEOに強い
  • Cocoon:人気の高い無料テーマ

それぞれ、詳細を解説します。

Diver:入力補助が神レベル、サポートも充実

サポートが充実した多機能WordPress有料テーマ Diver

価格:17,980円(税込)

手厚いサポートと機能の豊富さが特徴のWordPressテーマ『Diver(ダイバー)』。

参考記事:Diverの特徴を徹底解説!設定・カスタマイズ方法から評判まで

豊富な機能の中でも、特にペラサイト作成において便利なものは以下です。

  • 事前設定無しに入力補助でサクサク記事装飾
  • 投稿ごとの1カラム変更が手間なくできる
  • 目次プラグイン『TOC+』用デザインを搭載
事前設定無しに入力補助でサクサク記事装飾
Diverの『入力補助』機能

この入力補助が、ステマなしでペラサイト作成に便利。

以下のような機能を、めんどうな事前設定無しで使用できます。

  • ボタン
  • 会話調吹き出し
  • 囲い線
  • ランキング

無料で『Diver』のデモサイトを確認する

投稿ごとの1カラム変更が手間なくできる
投稿ごとの1カラム変更が手間なくできる

わざわざカスタマイズ設定をしなくても、投稿画面・固定ページ画面で、サクッと1カラムにしたり2カラムにすることが可能。

ペラサイト量産の効率化につながります。

目次プラグイン『TOC+』用デザインを搭載
目次プラグイン『TOC+』用デザインを搭載

見出しにリンクされた目次を設置するには、通常『Table of Contents Plus』というプラグインを使用します。

Diverには、このプラグイン用のデザインが標準搭載されており、手間なく完成度の高い目次を設置可能です。

これも、ペラサイト量産の効率化につながります。

無料で『Diver』のデモサイトを確認する

THE THOR:プラグインが不要、SEOにも強い

高速でSEOに強い初心者向けのWordPress有料テーマ THE THOR

価格:16,280円(税込)

高速でSEOに強いと評判の高いWordPressテーマ『THE THOR(ザ・トール)』。

以下のような最新技術が、詰め込まれています。

  • 各記事の成果を分析するための『見える化システム』を標準装備
  • サイトの高速化のため、Gzip圧縮・ブラウザキャッシュを導入
  • さらに画像遅延読み込み・CSSファイル非同期読み込みも採用
  • スマホ向けにAMPはもちろん、革新的技術PWAを導入し高速化

無料で『THE THOR』のデモサイトを確認する

THE THORのペラサイト作成において便利な機能は以下です。

  • プラグイン無しでお問合せフォームを設置可
  • 目次も標準搭載、プラグイン無しで設置可能
  • 投稿ごとの1カラム変更が手間なくできる
プラグイン無しでお問合せフォームを設置可
THE THORはプラグイン無しでお問合せフォームを設置可

ペラサイトとはいえ、Googleに健全なサイトと評価されるには、お問合せフォームくらいは設置しておいた方が良いです。

一般的にフォーム設置には『Contact Form 7』というプラグインが必要ですが、それなりに設定が面倒です。

この点、THE THORだとお問合せフォームが標準装備されており、設定が楽チン。

ペラサイトの量産を効率的に行いやすくなります。

目次も標準搭載、プラグイン無しで設置可能
THE THORは目次も標準搭載、プラグイン無しで設置可能

通常、目次を設置するには『Table of Contents Plus』というプラグインを使用します。

ですが、THE THORは目次の機能も標準で搭載されており、手間がかかりません。

これもペラサイトの量産に便利です。

投稿ごとの1カラム変更も手間なくできる
THE THORは投稿ごとの1カラム変更も手間なくできる

先に紹介したDiverと同様に、カスタマイズ設定をしなくても、投稿画面・固定ページ画面で1カラムや2カラムの設定が可能。

ペラサイト作成の効率化につながります。

無料で『THE THOR』のデモサイトを確認する

Cocoon:そこらの有料テーマよりも機能性が高い

Cocoon:そこらの有料テーマよりも機能性が高い

価格:無料

かなりの人気を誇る日本語の無料WordPressテーマで『Cocoon(コクーン)』。

シンプルなデザインながらも、そこらの有料テーマよりも機能性が高く、ペラサイト作成にも向いています。

Cocoonの主な特徴は下記のとおり。

  • シンプルなデザイン(悪く言うと無味乾燥)
  • 投稿・固定ページ画面から1カラム設定可能
  • 内部SEO対策が、しっかりと施されている
  • 記事装飾用の拡張スタイルが用意されている
  • SNSシェアボタン・SNSフォローボタンあり

『Cocoon』の公式サイトはこちら

WordPressを使ったペラサイト作り方【サーバー選びに注意】

WordPressを使ったペラサイト作り方

WordPressを使ったサイトやブログを作る手順は、次のとおりです。

  • ① WordPress対応のサーバーを借りる
  • ② ドメインとサーバーを連携する
  • ③ ドメインを決めて取得する
  • ④ サーバーにWordPressを簡単インストールする
  • ⑤ WordPressテーマを選んでインストールする

上記のとおり。詳細を知りたい方向けに、以下の記事で詳しく解説しています。

参考:【実質無料】WordPressを使ったアフィリエイトブログの始め方

【注意点】マルチドメインとMySQLが無制限のサーバーを選ぶこと

マルチドメインとMySQLが無制限。つまり、WordPressサイトの作成可能数が無制限のサーバーを選ぶことが重要。

なぜならペラサイトは数の勝負なので、大量のサイトを作成することになるからです。

サイト作成が無制限のオススメサーバーは、次の3つになります。

WordPressに最適なレンタルサーバー3選
サーバー名
推奨プラン
特徴 初期費用・月額費用
(税込)
詳細
ColorfulBox
BOX1プラン
コスパ日本一 無料・528円〜 無料お試し詳細
エックスサーバー
X10プラン
シェア日本一 3,300円・990円〜 無料お試し詳細
ConoHa WING
ベーシック
速度日本一 無料・931円〜 公式サイト

3つのサーバーの詳細はこちらの記事で解説しています。興味のある方はご参照ください。

まとめ:テーマ選びはサッサと終わらせ、稼ぐ行動を始めましょう

以上、ペラサイトに最適なWordPressテーマ厳選3つを紹介しました。それぞれの特徴をご理解いただけたことと思います。

確かに効率良く完成度の高いペラサイトを作るために、WPテーマ選びは大切です。しかし本質ではありません。

なぜなら、調査や作業、つまり『行動』こそが稼ぎの本質だからです。

例えば、商材やキーワードの調査とか、記事の作成・リライトなど。

なのでテーマ選びは今日中に終わらせ、その時間を稼ぐ行動に充てましょう。

ペラサイトからの成約率と同様、この記事を読んですぐに行動する人は100人中で3名くらいでしょう。ですが、行動に繋がらない情報収益はただの暇つぶしです。

ぜひ、あなたは行動に移してください。

ペラサイトに最適なWordPressテーマ3選
テーマ 特徴 価格(税込) デモサイト確認
Diver 入力補助機能が神レベル 17,980円 無料でデモを確認
THE THOR プラグイン不要SEOに強い 16,280円 無料でデモを確認
Cocoon 人気の高い無料テーマ 無料 無料でデモを確認

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

flight