解説!WordPressをインストールして使い始める3つの手順

3つの手順で素早くWPを開始せよ!

WordPressの始め方

2012年9月投稿、2020年2月最終更新。

「WordPressを使ってブログやサイトを始めたいが、どうやって良いかわからない」

このような悩みを感じている方に向け、WordPressの始め方を3つの手順に分解して解説します。

私自身はWordPress歴10年、自己所有やフリーランスの受託案件として今まで数多くのWordPressブログを作ってきました。その経験から初心者の方が如何に素早くWPを開始できるか?に焦点を当てて解説してまいりますので、ご精読くださいませ。

手順1:サーバーをレンタルしドメインを取得する

WordPressを使っていようがいまいが、ブログやホームページをインターネット上に公開するにはサーバーをレンタルする必要があります。

初心者の方におすすめなレンタルサーバーは、エックスサーバーかロリポップです。

両者の特徴は以下のとおりとなります。

  • エックスサーバー:国内シェアNo.1!コスパが良い
  • ロリポップ:国内シェアNo.2!低プランなら安い

趣味レベルのブログをお考えの方ならロリポップで十分かもしれません。

WordPress使用可能であるライトプランが、月額250円(税抜)と格安だからです。
※以下は私が利用しているロリポップの管理画面。

ロリポップの管理画面

「ロリポップ」の詳細を公式サイトで確認

一方、今後サイトをしっかり育てていくつもりならエックスサーバーの方がオススメ!となります。

ハイスペック、高速であり50万PVまでは耐えられるためです。

価格は月額900円(税抜)、コスパ良いと言えます。

WordPress使用可能であるライトプランが、月額250円(税抜)と格安だからです。
※以下は私が利用しているエックスサーバーの管理画面。

エックスサーバーの管理画面

また、エックスサーバーでは管理画面からドメインを購入することが可能で設定も簡単です。

そういった意味でも、エックスサーバーは使い勝手が良いと思います。

なお、2020年4月30日までドメイン無料キャンペーン中です。

「エックスサーバー」の詳細を公式サイトで確認

手順2:WordPressをサーバーにインストールする

結論、エックスサーバーやロリポップには、WordPressの簡単インストール機能が付いているので簡単です。以下をご参照くださいませ。

エックスサーバーのWordPress簡単インストールを使った始め方

エックスサーバー公式の簡単インストール利用マニュアルです。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_auto_word.php

ロリポップのwordpress簡単インストールを使った始め方

ロリポップの公式マニュアル。
昔はWordPressのインストールって結構メンドくさかったのに、今はこんなに簡単!

https://lolipop.jp/manual/blog/wordpress/

手順3:WordPressテーマを選びインストールする

さて、WordPress自体のインストールが完了したら、最後にテーマを選んでインストールします。

既にご存知かも知れませんが、テーマとはいわゆるホームページ・ブログテンプレートのことです。

もちろんデフォルトの無料テーマを使用してもかまいませんが、高いデザイン性や機能性を求めるのであれば、有料のテーマを一度検討されてみることをオススメいたします。

参考記事:発表!おすすめ日本語WordPress有料テーマ 2020年版

またテーマのインストール方法ですが、無料の公式テーマなのか有料テーマなのかによって違います。

以下の記事にて詳細を解説しています。ご参考くださいませ。

参考記事:今さら聞けない!WPテーマをインストールする方法とは?

「超初心者向けWordPressの始め方」まとめ

以上、WordPressの始め方を3つの手順に分けて解説しました。

ぜひとも素早くWordPressをセットアップし、WordPressライフをお楽しみいただければ幸いです。

なお、ここからは番外編として、WordPress簡単インストール機能を使用しない場合の始め方をご紹介してまいります。
※簡単インストールが搭載されていないサーバーを利用される方向けですので、一般の方には不要かと思います。

番外編:簡単ツールを使わずにWordPressをインストールする手順

ここからは番外編として、簡単インストールなどの機能を使わずにワードプレスをレンタルサーバーにインストールする手順を紹介します。

例として、ロリポップ!レンタルサーバーを取り上げていますが、他のサーバーでも同じ作業内容です。

結論、必要なステップは以下の5つとなります。

  • WordPressファイルをダウンロード
  • サーバー内にMySQLデータベースを作成
  • WordPressファイルをサーバーにアップロード
  • URLにアクセスしてインストール画面を表示
  • 必要事項を入力してインストールを実行

WordPress日本語ローカルサイトからファイルを入手する

WordPress日本語ローカルサイト⇒http://ja.wordpress.org/から、必要なワードプレスファイルをダウンロードします。

サイト内をスクロールしていくと「WordPressを入手」ボタンがあるので、それをクリックしページ遷移。
その後「ダウンロード」ボタンをクリックしてファイルを入手できます。

レンタルサーバーでMySQLデータベースを作成

MySQLでデータベースを作成する方法を、ロリポップ!レンタルサーバーを例に見てみましょう。

もし、あなたが「MySQL」という言葉をご存知なかったしても、全く問題ありません。 興味がおありの場合は、以下の参考記事をご参照ください。

参考記事:WP用のデータベースを作成してくれるMySQLとは?

ロリポップログインページ画像
まずは、お使いのサーバーのユーザーページにログイン。

ロリポップユーザー管理画面
続いて、データベース作成を選択クリックします。
(作成コマンドの表示位置は、サーバーサービスによって異なります。)

データベース作成画像
データベース作成ボタンをクリック。

サーバー選択画像
プルダウンメニューから好きなサーバーを選び、
任意のパスワードを入力して作成をクリック。

データベース作成完了画像

これで、データベースの作成は完了になりますが、後のステップで必要になりますので、以下の情報を記録しておいてください。

  • (データベース)サーバのドメイン名
  • データベース名
  • ユーザ名
  • パスワード

ワードプレスファイルをサーバーにアップロード

先ほど、WordPress日本語ローカルサイト⇒http://ja.wordpress.org/から入手したファイルを、FFFTPなどを使ってアップロードします。

ワードプレスフォルダの画像
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、wordpressフォルダを取り出します。

ワードプレスファイルの画像
FFFTPで上記画像のように、wordpressフォルダの中身を表示させます。

ワードプレスファイルの画像
アップロードしたい場所(サーバー上の どのフォルダ内にするのか)を 設定したら、wordpressフォルダ内の任意のファイルを右クリック。 →全てをアップロードをクリックすると、あとは自動的に処理してくれます。

ワードプレスのインストール画面をブラウザで表示する

ワードプレスは、サーバーにアップロードしただけでは動きません。
アップロードしたURLのインストール画面での作業が必要です。

仮にWordPressをアップロードしたURLが

http://www.xxx.net/ ならば、

http://www.xxx.net/wp-admin/install.php にアクセスしてください。

すると、次のような画面が表示されますので、【ウィザード】をクリックしましょう。

ワードプレスインストールの画像

以下の画面が表示されればOK!【こちらをクリック】から次に進んでください。

ワードプレスインストールの画像

もし以下の画面が表示された場合、インストールプログラムがワードプレスファイルに必要事項を書き込めない状況になっています。
これは、FFFTPを使ってフォルダやファイルの属性(パーミッション)の設定を「777」という番号に変更すると解決できます。

パーミッションの設定が必要な場合

FFFTPでワードプレスファイルをアップロードしたフォルダの、属性変更を行ってください。

パーミッションを777に変更する

必要事項を入力して、インストールを実行する

さて、上記までのステップを行っていただくと、次のような画面が表示されるかと思います。
必要事項を入力→【Submit】ボタンをクリックしてください。

ワードプレスインストールウィザードの画像

以下の画面で【WordPressのインストール】をクリック。
ワードプレスインストール画面の画像

ブログ名とメールアドレスを入力し、インストールを実行しましょう。
※ブログ名とアドレスは、後から変更可能です。 ワードプレスインストールの画像

この画面が表示されれば、インストール完了です!
ワードプレスインストールの画像

ではでは、ぜひワードプレスライフをお楽しみくださいね!

ちなみにエックスサーバーとロリポップ以外のサーバーを検討されたい場合、
ワードプレス対応レンタルサーバー比較と選び方をご覧下さい。

flight