WordPress初心者におすすめのレンタルサーバー3つを徹底比較

『WordPressを始めるにあたりサーバーはどれが良いんだろう?』
『サーバー選びに失敗したく無いが、選択肢が多すぎて混乱する』
『なので、WordPress完全初心者向けのサーバーを教えて欲しい』

WordPressを始めるためサーバーのレンタルは必須ですが、どれを選べば良いか?分からず悩んでしまう初心者は多いです。

今回は、上記のような悩みを解決します。

記事を書いた私のプロフィールは次のとおり。

  • CMS開発会社にフロントエンドエンジニアとして勤務
  • 日々サーバーエンジニアと連携しながら仕事している
  • 2009年から、WordPressを趣味や副業で利用している
  • 顧客サイト用の代行運用を含め様々なサーバーを利用

この記事では、WordPressに適しているサーバーの基準を示し、初心者おすすめの3つを解説します。

読み終わると、レンタルサーバー選びの失敗を避け、あなたに最適なものを見つけられるようになります。

『最も自分に適してるサーバーは、どれだろう?』と考えながら、最後までご覧ください。

【結論】WordPressに最適なレンタルサーバー3選【比較表】

結論、次の3つです。

WordPressに最適なレンタルサーバー3選
サーバー名
推奨プラン
特徴 初期費用・月額費用
(税込)
詳細
ColorfulBox
BOX1プラン
コスパ日本一 無料・528円〜 無料お試し詳細
エックスサーバー
X10プラン
シェア日本一 3,300円・990円〜 無料お試し詳細
ConoHa WING
ベーシック
速度日本一 無料・931円〜 公式サイト

続いて、WordPress向きサーバーの基準について解説します。

すでに基準を知っている方は、こちらをクリックして『WordPressに最適なレンタルサーバー3選【詳細説明】』へ移動してください。

WordPressに向いているレンタルサーバーの基準

以下の5つです。

  • 1.MySQLが使えるか?バツだとそもそもWordPressが使えない
  • 2.高速か?CPUやキャッシュ、SSD、nginx、LiteSpeedなど
  • 3.安定稼働をしているか?データ転送量の多さと今までの実績
  • 4.無料SSLを提供してるか?対応しないとGoogleに干される!
  • 5.WordPressを簡単にインストールする機能がついているか?

ちょっと補足します。

『CPUやキャッシュ、SSD、nginx、LiteSpeed』は、要するに高速に適したサーバー内の仕組みを採用しているか?という話です。

また『無料SSLを提供してるか?』は、別に有料でもかまいません。もちろん無料の方が嬉しいと思いますが。

いずれにせよ、SSLを採用しないとGoogleからの評価が落ちやすいということです。

そして、この記事のサーバー3選は、もちろん上記5つの基準を満たしているものになります。

WordPressに最適なレンタルサーバー3選【詳細説明】

繰り返しなりますが、下記の3つ。

  • ColorfulBox:コスパ日本一
  • エックスサーバー:シェア日本一
  • ConoHa WING:速度日本一

3つに共通して言えることは、容量や転送量など基本スペックが十分すぎるぐらい良いということです。

では、それぞれの詳細を見ていきましょう。

『ColorfulBox』コスパの良さ日本一!WP向きサーバーで最安プラン

WordPress向きのレンタルサーバーで、最安のプラン(BOX1プラン)があるサービス。

そのため、WordPressを安く始めたい方にオススメです。

ただ最安プランとはいえ、オーバースペックなくらい性能が良いサーバーです。なので、コスパの良さが最強のサーバーと言えます。

なおプランのアップグレード・ダウングレードは簡単に行えます。上位プランもコスパ良いので安心です。

  • 最安プランあり・コスパが良い
  • 初期費用:無料
  • 月額費用(BOX1プラン税込):528円(3年契約)・638円(1年契約)
  • 転送量目安:6TB/月(約120~150万PV/月までOK)
  • 容量:SSD(高速処理ディスク):150GB
  • WordPress簡単インストール機能あり
  • 自動バックアップ機能あり(過去14日分):復元無料
  • 無料SSL化あり
  • 複数サイトの運営(マルチドメインとMySQL)が無制限
    アダルトサイトの運営もOK(BOX2プラン以上)

しつこいですが、『ColorfulBox』は、ステマ無しでコスパの良さ日本No.1と言えます。
(ワンコインサーバーとして人気だった『ロリポップ』の収益が近年ガタ落ちなのも、うなずける。。。)

さらに以下のとおり、お得なクーポンコードもあります。

SV50ZB173W9WJH

30日間無料お試しをお申込み後、本契約時に上記のクーポンコードを入力すると『BOX2 ~ BOX8プランの初年度利用料を特別価格』で利用できます。※『プロモーションコード』にクーポンコードを入力

30日間無料の『ColorfulBox』公式サイトはこちら

『エックスサーバー』シェア率が日本一!安定性高くサポートが充実

2004年に開始された老舗サービス。日本で一番使用されているレンタルサーバーです。

そのため、安定的に稼働してきた実績がケタ違い。

サポートが充実しているのも特徴の一つですね。

ネット上に情報がたくさんあるので、ちょっとググれば回答が見つかるのも初心者にとってメリットだと思います。

なお、ひと昔前は『WordPressと言えばエックスサーバーが常識でしょ!』みたいな状況でした。

  • 長い安定稼働の実績がある
  • サポートが充実している
  • 初期費用(税込):3,300円
  • 月額費用(X10プラン税込):990円(3年契約)・1,100円(1年契約)
  • 転送量目安:900GB/日(約300~400万PV/月までOK)
  • 容量:SSD(高速処理ディスク):300GB
  • WordPress簡単インストール機能あり
  • 自動バックアップ機能あり(過去14日分)
  • 無料SSL化あり
  • 複数サイトの運営(マルチドメインとMySQL)が無制限

たまに『今サーバーを申し込むとドメインがずっと無料』というキャンペーンをやってます。とりあえず公式サイトをチェックしてみましょう。

10日間無料の『エックスサーバー』公式サイトはこちら

『ConoHa WING』日本一の高速表示!インフラ技術入れまくり

ズバリ!日本のレンタルサーバーでNo.1の速度を誇るサービスです。

ですので、ホームページも管理画面も、とにかく表示スピードを上げたい方に向いています。

もちろんコスパも良いです。独自ドメインもセットでついてくる(永久無料)。

  • 国内のレンタルサーバーで最速と言える
  • 初期費用:無料
  • 月額費用(ベーシックプラン税込):828円(3年契約)・931円(1年契約)
  • 転送量目安:27.0TB/月(約500~600万PV/月までOK)
  • 容量:SSD(高速処理ディスク):300GB
  • WordPress簡単インストール機能あり
  • 自動バックアップ機能あり(過去14日分)
  • 無料SSL化あり
  • 複数サイトの運営(マルチドメインとMySQL)が無制限

スペックと価格を見れば、『ConoHa WING > エックスサーバー』であることは間違い無いです。

ただ『ConoHa WING』は2018年開始の新興サービスです。
なので『エックスサーバー』のような安定稼働実績はありません。また情報もエックスサーバーの方が圧倒的に多いです。

つまり、高速性やスペックを取るか?実績や情報を取るか?の別れどころという感じです。

ちなみにConoHaを利用すると、WordPress有料テーマ『Sango』や『JIN』が割引価格になる制度もあります。

お得な『WordPressテーマとのセット割引』の詳細

『ConoHa WING』のさらなる詳細は、以下からご確認ください。

『ConoHa WING』の公式サイトはこちら

まとめ:『コスパ or 実績と情報 or 高速性』 どれを選びますか?

以上、WordPressに適したレンタルサーバーを比較しました。

今回の話は、けっこうシンプルです。

あなたの状況や価値観次第だと思います。

なお、WordPressでのブログの始め方は、以下の記事を参照ください。

参考記事:【実質無料】WordPressを使ったアフィリエイトブログの始め方

flight