初心者向け日本語WordPress有料テーマ比較【プロおすすめのTOP5】

『無料のWordPressテーマでは思い通りのデザインにならなかった』
『有料テーマを検討しており、一番良いものを手にしたいから迷う』
『プロの目から見て、おすすめの有料テーマはどれか?を知りたい』

実は自分にぴったりの有料テーマが見つかると、純粋に楽しいですし、かなり成果が上がりやすくなります。

一方で、『有料テーマを探し始めたものの、どれが良いのか迷ってしまい決められない』という初心者の方は、一般的に多いです。

記事を書いた私、塩川も過去に同じ悩みを抱えていました。
プロフィールは以下です。

WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介 WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介

この記事では上記の経験で得た知見から、 『おすすめWordPress有料テーマTOP5』および『 目的別に整理されたWPテーマのまとめ』を紹介。後半では、初心者によくある質問にも答えました。

記事を読み終えると、あなたにピッタリのWordPressテーマが見つかります。

流し読みでも有益です。ぜひ最後までご覧ください。

【結論】おすすめのWordPress有料テーマTOP5の比較【初心者向け】

最初に結論を示します。おすすめは以下のとおりです。

日本語のWordPress有料テーマTOP5【比較】
テーマ・サービス名 特徴 価格(税込)
THE THOR 日本で最も高速でSEOに強い
ブログ型のテーマ
無料でデモサイト一覧を確認する
16,280円
TCD 日本で最も美しいラインナップ
企業や店舗などホームページ型
テーマの一覧はこちら
  8,980円〜
DIVER 日本で最も万全なサポート力
ブログ型のテーマ
無料でデモサイトを確認する
17,980円
AFFINGER6 アフィリエイトに特化の老舗
ブログやアフィリサイト型
詳細の確認はこちら
14,800円
WP Avenue ブロックエディタOKな2つのテーマ
スタイリッシュ or ポップなブログ
無料でSTREETISTのデモを確認
無料でSTILEのデモを確認
14,300円

こんな感じとなります。興味のある方は、ぜひ詳細やデモサイトをチェックしてみてください。

【前提】そもそも、WordPressテーマとは何なのか?という方へ

念のため説明しておきます。以下のとおりです。

ホームページの見た目を作るファイルおよび、
機能のためのファイルが入ったフォルダのこと

ちなみに世の中では、『WordPressテーマ』と『WordPressテンプレート』という言葉が全く同じもののように使われています。

でも、実は厳密にいうと二つは異なるものです。

詳しくは、別記事『 WordPressテーマとは?テンプレートとの違いも解説【簡単】』にて解説しています。

続いて、本題に入ります。次のとおり、目的別に整理したおすすめ有料テーマの紹介です。

  • 【SEOに強い】初心者でもSEO効果を発揮しやすいテーマ
  • 【万能】企業サイト系からネットショップ用まで揃ったテーマ
  • 【アフィリエイト向け】アフィサイトやブログにおすすめのテーマ
  • 【ブログ向け】スマホにも適したシンプルなブログ用のテーマ
  • 【ランディングページ専用】LPを簡単に作成可能なテーマ
  • 【格安】値段が安い、業種別のWordPress有料テーマ

【SEOに強い】初心者でもSEO効果を発揮しやすいテーマ

マークアップ構造やファイル構成、その他機能が最適化されたWordPressテーマ。
初心者の方でも掲載したコンテンツの価値を検索エンジンにしっかりと伝えやすくなってます。

  • 「THE THOR」
  • 「DIVER」
  • 「STREETIST・STILE」

もちろん、スマホ向けAMPなど高速化にも配慮された作りとなっています。
GoogleがWebサイトの読み込みスピードも評価の対象としているためです。

日本語WordPress有料テーマで最も高速でSEOに強い「THE THOR」

日本語WordPress有料テーマ人気No.1 【おすすめ No.1】   料金: 16,280円

ワードプレス有料テーマ「ザ・トール」

人気の無料WPテーマ「LION BLOG」「LION MEDIA」を提供するSEOコンサルティングチーム「FIT(フィト)」によるWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。

日本一のSEO対策力、サイト読み込み速度、機能数を誇る人気No.1のWordPress有料テーマです。
もちろん私自身も一番のおすすめテーマだと考えています。(※別ジャンルのブログを THE THOR で運営中)

参考: 【失敗しない】ブログで稼ぐWordPressテーマ THE THOR

基本的な内部SEO対策やSEO分析はもちろん組み込み済です。

その他「AMP・PWA」「Gzip圧縮・ブラウザキャッシュ」「画像遅延読み込み・CSSファイル非同期読み込み」など Google対策用の技術は全て盛り込んでいるといっても過言ではありません。
まぁ、スマホ向けにプログレッシブウェブアプリまで組み込んでいるWPテーマなんてホント見たことない!

日本一の機能数を誇っているだけありSEO以外もバッチリです。
デザインをサクサク設定できるカスタマイザーや広告タグを一括管理できるタグ管理機能など。

しかも、これだけ 多機能な上に使い回し可能で15,000円を切る(税抜)リーズナブルなSEOテンプレートは他に存在しません!

無料で「THE THOR」の詳細やデモを確認する

「THE THOR」利用した人たちの評価の声をご紹介

THE THORを実際に利用しているユーザーの方々はどのように評価しているのでしょうか?口コミをピックアップしてご紹介しますのでご参考くださいませ。

(5.0)

私はこれまでたくさんの有料テーマを使ってきましたが、そのなかでも断トツ一番のテーマでした。
テスト版を1ヶ月ほど使わせていただきましたが使い始めてから 短期間でGoogleで1ページ目に表示され始めていて、とてもSEOに強いテーマだというデータが取れました。
(SEOに強いことで有名なテーマ)○○○もこれまで随分と使いましたが、その○○○と比べてもトールのほうがSEOに強いテーマだと思います。

引用元: https://fit-theme.com/the-thor

(5.0)

「THE THOR(ザ・トール)」には、「記事分析設定」というものがあり、これが便利でした。
SEO関連の各種情報が投稿一覧画面から見られるようになります!ありがたい!

引用元: https://yurutsubu.com/

(4.5)

アフィリエイトサイトでほしい機能が搭載されています。
ランキングや口コミはほしい機能ですよね。しかも難しい操作は一切必要なく簡単に作成することができます。
日々 新機能が追加され進化しており、使っていてとても楽しいです!

引用元: https://itdaisuki.com/

(5.0)

THE THORはページ表示速度が速いです。
「Pagespeed Insights」で調べてもらえれば分かると思うんですが、 ページ表示速度は97~98です。

引用元: https://blog-tip.com/

その他の評判は、こちらの『THE THORの評判を紹介【3つの切り口】』の記事で、詳しく紹介しています。

絶対外せない「THE THOR」の2つの主な特徴

数々の特徴を持つ「THE THOR」ですが、あえて絞り込むと以下2つが他には無い特徴と言えるでしょう。

  • 1.次世代技術を駆使した日本一のサイト表示速度+SEO力
  • 2.美しいサイトを簡単作成!デザイン着せ替え機能

とりあえずSEOを謳っているだけの格安・無料WordPressテーマで満足できる方はさておき、 ビッグキーワードで検索3位以内を本気で狙いたい方にこそ、この「THE THOR」を切実にオススメいたします。

WordPressテーマ 「THE THOR」の公式サイトはこちら

万全のサポート力とSEO対策を誇るWordPress有料テーマ「DIVER」

日本語WordPress有料テーマ人気No.3 【おすすめ No.3】   料金: 17,980円

DIVER ワードプレス有料テンプレート

元々クライアント企業に直販されていたビジネス向けテーマを、一般販売したWordPressテーマ。

次の2つの特徴から、高い人気を誇るテンプレートです。

  • 直感操作のみで詳細なカスタマイズが可能
  • 最新のSEO動向を盛り込まれた内部構造

スマホ対応のレスポンシブデザインであることはもちろん、スマホSEOで話題となっている AMP(Accelerated Mobile Pages)も標準搭載されています。

また、ヘッダーもフッターもない真っ白なページでLPが作成機能や、いわゆるCTA(Call to Action)を複数作成する機能などアフィリエイトに欠かせない機能も充実。

さらに、1ライセンスの購入で 制限なく複数サイトに使い回し設置可能であるため、複数サイトの運営を構想している方にもピッタリです。

無料で「DIVER」の詳細やデモサイトを確認する

「DIVER」ユーザーによるリアルな口コミ・評価

実はDIVERの最も際立った特徴は、サポートチームの迅速・丁寧な対応にあります。

(5.0)

【Diver】を購入以来、20回くらいの疑問の問い合わせをしています。それらの回答はいつも早く、そのおかげで、サイト開発が留まることなく助かっています。
そして、最近では、ここ1週間のなかで4〜5回の問い合わせをしています。そして、 全部、丁寧に開発者から適確な回答を得ています。こんなに安心なサポートは他に見当たりません。

引用元: http://here-and-there.online/

(5.0)

実際に私も何度かやりとりをしていますが、わからないことを問い合わせすると数時間以内に返事が返ってきます。
もちろん問い合わせた時の状況にもよるとは思いますが、どちらの内容も 大体3〜4時間以内に返信してくれています。
すでに10回以上問い合わせをしていますが、いつも快く返事をくださいます。

引用元: https://ownedmedianoie.com/

(5.0)

バグや不具合を報告すると 1~2日後アップデートで即修正されます。恐るべし「Diver」サポートチーム…
何個か問い合わせをしましたが全てのカスタマイズ方法を丁寧に教えていただけました。
大幅なテーマの改変が必要にならなければ全てのカスタマイズに対応して頂けると思います。

引用元: https://www.hyper-personal.com/

その他の口コミについては以下の参考記事にて紹介しています。

その他「DIVER」の3つの主な特徴をご紹介

上記のとおり、「DIVER」は、めちゃくちゃサポートが充実しています。
ただ、もちろんそれだけでなく機能面の特徴も数多くあります。主なものを挙げると以下の3つです。

  • 1.入力補助機能が超便利である
  • 2.公式のマニュアルが充実している
  • 3.ショートコードで素早い記事作成が可能

WPテーマを自分の力でガリガリ改造しまくりたい方にはオススメできません。 一方で、SEOやデザインについて無駄な手間を掛けたくない!という方は、ぜひ「DIVER」の公式サイトをチェックしてください。

WordPressテーマ 「DIVER」の公式サイトはこちら

ブロックエディタOK!高速WordPressテーマ「STREETIST・STILE」

日本語WordPress有料テーマ人気No.5 【おすすめ No.5】   料金: 14,300円

ブロックエディタ対応のWordPressテーマ「STREETIST(ストリーティスト)」「STILE(スティーレ)」

2019年の終盤にサービスリリースされた「WP Avenue」が提供するスタイリッシュなWordPressテーマ「STREETIST(ストリーティスト)」および、ポップでおしゃれなテーマ「STILE(スティーレ)」。

「STREETIST」は、白黒基調にグリグリと動くリッチなアニメーション、リッチなのに高速化対応がされています。

一方「STILE」は、デザイン設定が豊富でスマホファースト。ポップでカラフルなブログを失敗無く作成できます。
もちろんこちらも高速化対応済みです。

両テーマ共かなり高性能な内容となっています。

チェックしておきたい特徴は以下のとおりです。

  • 「STREETIST」モノトーンベースのスタイリッシュデザイン
  • 「STILE」ポップでおしゃれな王道のブログデザイン
  • SEOに強い設計!Google推奨の「JSON-LD」にも対応
  • CSSインライン化、JS最適化、画像遅延読込→サイト高速化
  • 記事装飾の機能が豊富
  • ブロックエディタに対応(専用プラグインを搭載)
  • アドセンスの楽々設定機能を搭載

いわゆるブログっぽいデザインでは無い、 スタイリッシュデザインのブログを構築したい方は「STREETIST(ストリーティスト)」チェックされるのが吉!

無料で「ストリーティスト」のデモ&詳細を確認する

逆に ポップな王道のブログデザインを手にしたい方は、以下から「STILE(スティーレ)」のデモサイトをチェックされるのが吉でしょう。

無料で「STILE(スティーレ)」のデモ&詳細を確認する

【万能】企業サイト系からネットショップ用まで揃ったテーマ

ユーザーを虜にするデザインや印象的なアニメーションに特徴がある人気の有料テーマラインナップです。

  • 「TCD」
  • 「賢威」
  • 「isotype」
  • 「Grazioso」
  • 「LIQUID PRESS」

管理画面の機能性も高くて運用がスムーズであることが特徴。また企業や店舗サイト、個人ブログ、ネットショップ構築向けまで、幅広いラインナップが存在することも魅力です。

大人気!日本語のワードプレス有料テーマで一番おしゃれな「TCD」

日本語WordPress有料テーマ人気No.2 【おすすめ No.2】   料金: 8,980円〜49,800円

日本一美しい有料のWordPressテーマラインナップ「TCD」

TCDは、国産のワードプレステーマ中でも最高峰と言える 海外レベルの美しいデザインが特徴です。

そのデザインを管理画面から簡単にカスタマイズできる機能性の高さも魅力。

多彩なジャンルのWP有料テーマが40種類以上提供されています。 コーポレートサイト向けやブログ向けなどのオーソドックスなものから、ネットショップ構築用やポートフォリオ向けまで。

とても人気の高いラインナップですので、一度チェックされてみると吉でしょう。

パララックスやポートフォリオも!「TCD」のラインナップの一部をご紹介
  • ECサイト構築専用有料テンプレート ICONIC

    ECサイト構築専用テーマ

  • 和風の有料ワードプレステンプレート KADAN

    縦書き機能搭載の和風テーマ

  • クリニック向けWordPress有料テンプレート BIRTH

    病院・クリニック向けテーマ

  • ランディングページ用の有料ワードプレステンプレート OOPS!

    ランディングページ向けテーマ

  • ランキングサイト向け有料テーマ BRIDGE

    ランキングサイト向けテーマ

  • ポートフォリオに最適な有料ワードプレステンプレート unique

    ポートフォリオに最適なテーマ

  • ヘッダー動画対応WP有料テーマ ORION

    ヘッダー動画対応テーマ

  • リアル店舗向け有料テーマ sweety

    リアル店舗向けテーマ

  • ブログ向けWP有料テーマ core

    ブログ・マガジン向けテーマ

  • マガジン向けWordPress有料テーマ innovate hack

    ブログ・マガジン向けテーマ

  • パララックスWordテーマ AMORE

    大人気のパララックステーマ

  • 王道のコーポレートサイト向けWP有料テンプレート NEXTAGE

    コーポレート向けテーマ

  • モダンな企業向けWordPress有料テンプレート precious

    モダンな企業向けテーマ

  • 美容室・サロン向け有料ワードプレステンプレート LOTUS

    美容室・サロン向けテーマ

  • 上品なwordpress有料テンプレート LUXE

    高級感溢れる上品なテーマ

全ラインナップをご覧になりたい方は、以下をチェックしてください。

WordPressテーマ 「TCD」の一覧はこちら

使い回し可能でSEOにも強いビジネス用WordPress有料テーマ「賢威」

   料金: 24,800円

SEOに強い日本語WordPress有料テーマ 賢威

SEOに強い ビジネス特化型のワードプレス&HTMLテンプレートとして歴史を誇る、人気の賢威シリーズ。

現在、コンテンツマーケティングへの強さを誇る賢威7.1および、モバイルファーストSEOテンプレート賢威8スタンダード版が、使い放題のパックで販売されています。

その最大の特徴は、言わずもがな SEO特化型テンプレートとしての歴史の長さです。

ホワイトハットSEOの第一人者によるマニュアルやフォーラムもパックになった有料テーマになりますので、総合的なSEO対策を行っていくのにおすすめと言えるでしょう。

一方、デザインについては独特のテイストなため、好みが別れるかもしれません。

賢威7.1テンプレートラインナップをご紹介

賢威7.1には5つのコンセプトに基づいたデザインパターンが用意されています。
※カラーはお好みで簡単に変更可能です。

  • WordPress有料テーマ 賢威7:クール版

    クール版

  • WordPress有料テーマ 賢威7:ビューティ版

    ビューティ版

  • WordPress有料テーマ 賢威7:コーポレート版

    コーポレート版

  • WordPress有料テーマ 賢威7:プリティ版

    プリティ版

  • WordPress有料テーマ 賢威7:スタンダード版

    スタンダード版

無料で「賢威」のデモイメージを確認する

日本語とアニメーションが美しいミニマルなWPテーマ「isotype」

 料金: 10,800円〜27,000円

日本語とアニメーションが美しいミニマルなWPテーマ「isotype」

美しい日本語フォントとミニマルデザイン、自然なアニメーションやパララックスなどのギミックが特徴的なWordPressテーマのラインナップ。

美しい日本語サイト・ブログを簡単に作成するための機能が満載のWPテーマが十数種類提供されています。

また、購入したテーマを 複数のドメインやサイトにインストール可能であり、国内の法律に反しない限りあらゆるジャンルに利用OKです。

ビジネス向け・店舗向け・ブログ用などなど色々ありますので、ぜひ以下のページで一覧を確認してみてください。

WordPressテーマ 「isotype」の一覧はこちら

1カラムレスポンシブ日本語WordPress有料テーマ「Grazioso」

 料金: 19,800円

レスポンシブ対応ワードプレス有料テンプレート「Grazioso(グラツィオーソ)」

ユーザビリティの高いシンプルなフラットデザイン+フレームワーク(HTML5 Boilerplate)によるレスポンシブグリット+美しいjQueryアニメーション。

さらに、 海外サイトで良く見かけるパララックス効果(視差効果)を、ウィジェットごとに設定できる機能を搭載。

加えてパララックス背景に、MP4動画の埋め込みを簡単に設定可能です。

もしこのWPテーマを使用したならば、あなたのサイトは iPhone公式サイトのような優雅で印象的なデザインに一瞬で変貌します。

海外で主流である1カラムレイアウトの有料テンプレートです。

無料で「グラツィオーソ」の詳細やデモを確認する

「Grazioso」を使用したサイトの実例をご紹介
  • (株)アドボス・ホールディングス ワードプレス有料テンプレート「Grazioso」の事例

    (株)アドボス・ホールディングス

  • ENGARO organic ワードプレス有料テンプレート「Grazioso」の事例

    ENGARO organic

  • 株式会社MIHARU ワードプレス有料テンプレート「Grazioso」の事例

    株式会社MIHARU

「Grazioso」の3つの主な特徴

上記のとおり、次世代ワードプレステーマ「Grazioso」には様々な特徴がありますが、まとめると以下の3つが主なものとなります。

  • 1.テーマオプションで簡単にアニメーション設定可
  • 2.ウィジェットごとにパララックス効果を設定可
  • 3.シンプルな1カラムレイアウトのデザイン

その他の特徴については、ぜひ公式サイトをご確認くださいませ。

「グラツィオーソ」の公式サイトはこちら

Bootstrap4組込レスポンシブWordPress有料テーマ「LIQUID PRESS」

 料金: 7,590円〜8,690円

Bootstrap4組込のWordPress有料テンプレート LIQUID PRESS

CSSフレームワークBootstrap4が組み込まれた、シンプルなレスポンシブWordPressテンプレート。

ワードプレス無料公式テーマ「LIQUID」の有料テーマ版です。

ブログメディア用・ポートフォリオ用・ビジネスコーポレート用の各種テンプレートが販売されています。

WordPressテーマ 「LIQUID PRESS」の一覧はこちら

【アフィリエイト向け】アフィサイトやブログにおすすめのテーマ

比較・ランキングやアフィリエイトブログ、ドロップシッピングなどを、短期間で複数制作したい方におすすめの有料テーマです。

  • 「AFFINGER6」
  • 「エッジプラス1」

アフィリエイト向けのデザインパーツが内蔵されており、簡単に呼び出したり使い回したりできるテーマが多いです。

高品質なのに値段が安い!WordPress有料テーマ「AFFINGER6」

日本語WordPress有料テーマ人気No.4 【おすすめ No.4】   料金: 14,800円

アフィリエイトサイトに特化したWP有料テンプレート AFFINGER

アフィリエイトで稼ぐことに特化されたWordPressテーマとして有名である「AFFINGER6(アフィンガー6)」。

簡単デザイン変更・アドセンス用ウィジェット・文字装飾設定などの各種機能により、インストール後から記事執筆までにかかる設定時間がかなり短くて済みます(※概ね30分~1時間程度)。

また、今時のアフィリエイトブログに必須ともいえる、ランキングパーツ・ボタンパーツ・会話調吹き出しパーツなどのデザインパーツ設置も簡単であり、 ユーザーを魅了する記事をゴリゴリ作成可能です。
(※キラリと輝くボタンパーツが特徴的!)

当然稼ぐことに特化されているため、 内部SEO対策済みであり、記事ごとの スマホ検索向けAMP化も可能となっています。

そして付属のSEOマニュアル(PDF)を参照しつつさらに細やかなSEO施策を行っていくことができます。

また、上記のように SEOに強くて多機能なのに値段が安い!というコスパの良さも特徴的。ここまで揃っていて税込1万5千円を切る日本語WPテーマは、他に存在しません。

アフィリエイトで稼ぐことに強いブログ・サイトが欲しい方は、以下から詳細をチェックされることをオススメいたします。

WordPressテーマ 「AFFINGER6」の詳細はこちら

比較・ランキングサイト向けWordPress有料テーマ「エッジプラス1」

 料金: 23,800円

比較サイト構築用WP有料テンプレート エッジプラス1

比較・ランキングサイトの簡単作成に特化したテンプレート。

「レスポンシブ対応・次世代型アフィリエイト専用テンプレート」と名付けられていますが、アフィリエイト以外にも様々な場面で活用できる優れものの有料テーマです。

コンバージョン重視の優れたデザインが、豊富に用意されているのみならず、本格的な全国マップサイト用のテンプレートまで付属しています。

WordPressテーマ 「エッジプラス1」の詳細はこちら

【ブログ向け】スマホにも適したシンプルなブログ用のテーマ

コンテンツを目立たせるデザインやショートコード機能搭載など、ブログに向いているWordPressテーマです。

  • 「ストーク19」
  • 「Seal ver.1.5」
  • 「スワロー」
  • 「Emanon Pro」
  • 「New Standard」
  • 「JIN」
  • 「SANGO」

スマホ最適化に工夫が施されているものが多いのが特徴となります。

使い方が簡単でスマホに強いブログ用WordPress有料テーマ「ストーク19」

 料金: 11,000円

ストーク ブログ用のワードプレス有料テーマ

コンテンツを目立たせるシンプルなデザインであり、ブログマーケティングのノウハウを詰め込んで開発されたWordPressテーマ。

ストークの 最大の特徴はモバイルファーストであること=スマートフォンでの使用感にこだわられていること!

また、目次や吹き出し関連記事表示など、ブログ運営においてよく使われるコンポーネントがショートコード化されています。なので、情報発信ブログにおすすめです。

さらに、ランディングページ作成機能も装備。マーケティングに貢献してくれます。

ブログ向けWPテーマ「ストーク」の特徴を3つに整理

この「ストーク」の主な特徴を整理すると下記の3つが挙げられます。

  • 1.誰でも簡単におしゃれなブログを作成できる
  • 2.超スマートフォン最適化が自動でできる
  • 3.複数サイトに使い回しはできない

「3.複数サイトに使い回しはできない」はデメリットとなりますので、ご注意ください。

この「ストーク」は、1サイトのみの作成をお考えの初心者の方に、強くオススメしたいWordPressテーマとなります。

無料で「ストーク19」のデモを確認する

マテリアルデザインのブログマーケティング用有料テーマ「Seal ver.1.5」

 料金: 21,600円

ブログを使ったデジタルマーケティング用の「wordpress有料テーマ Seal ver.1.5」

海外レベルのGoogleマテリアルデザインに、ポップさが加味された「Seal ver.1.5(シールバージョン1.5)」。

強みとしてはデザイン性のみならず、SEOにも強いブログが作れる内部構造も備えている点です。具体的には以下の2点。

  • 1.Google公式SEOチェックツール『Lighthouse』にて100点満点
  • 2.『PageSpeed Insights』で、モバイル80~90点台、パソコン90点台後半

もちろん、1ライセンスの購入で複数ブログに使い回し可能です。

他とは違った個性あるデザインのビジネスブログを所有したい方は、ぜひチェックしてみてください。

無料で「Seal ver.1.5」のデモを確認する

プロブロガー監修のシンプルなWordPress有料テーマ「スワロー」

 料金: 9,900円

スワロー プロブロガー監修のワードプレステンプレート

無駄な装飾を削ぎ落としてシンプルに仕上げられている、プロブロガー監修の元で開発されたワードプレステーマ。

スワローは、 いかにも今時のブログらしいデザインとなっています。

機能面についても無駄なものは削ぎ落とされた仕様となっています。

もちろんブログ運営で良く使用されるコンポーネントのショートコードや、各種ウィジェット機能が搭載されているます。ただ、超細かいカラー設定やリッチなアミメーションなどは使用されていません。

この点、良くも悪くも とにかくブロガーに必要な機能に絞られているテンプレートと言えるでしょう。

無料で「スワロー」のデモを確認する

集客に強いブログを作るWordPress有料テンプレート「Emanon Pro」

 料金: 9,800円

集客に強い有料ワードプレステンプレート Emanon Pro

コンテンツマーケティングによる 集客に必要な機能がそろっている「Emanon Pro(エマノンプロ)」。

業種を問わないシンプルなデザインであり、複数のドメイン、サーバーで利用することができるライセンス形態となっています。そのため、使い回しが行いやすいテーマです。

また、SEO内部対策済みHTML構造 & Microdata構造化マークアップによるSEO力が強みとなります。
あわせて、固定ページの文末にCTA(コール トゥ アクション) & ランディングページ機能によるコンバージョン力も強みといえます。

ブログ調のデザインもコンテンツマーケティングにピッタリ!Web集客に強いテンプレートです。

ビジネスブログ向け「Emanon Pro」の3つの主な特徴

「Emanon Pro」の主な特徴を挙げると、下記の3つです。

  • 1.ポップアップ等のCTAが充実している
  • 2.ランディングページ設定機能が充実してる
  • 3.直感操作でビジネスブログを構築可能である

まとめると、 飾りの無い集客ブログを作成したい初心者の方向けのWordPressテーマと言えるでしょう。

無料で「Emanon Pro」のデモを確認する

無料お試しが可能!集客に特化したブログ用のWPテーマ「New Standard」

 料金: 29,700円

WordPress有料テーマ NEW STANDARD(ニュースタンダード)

集客設計コンサル企業によって開発・提供されている、集客ブログ向けテーマ「New Standard(ニュースタンダード)」。

モダンなスタイルと、 売上や広告収入が緻密に計算されたレイアウトが融合したコンテンツマーケティング用のテーマとなっています。

デザイン面は、8つのフォントの採用やキービジュアルのワイド配置などにより、シンプルでモダンなイメージです。

一方、サイトの収益については、記事下のコール・トゥ・アクション機能やLP作成機能、カート設置機能など盛りだくさん。

また有料WordPressテーマでは珍しい、 14日間の無料お試しの仕組みが存在します。

New Standard テンプレートを使用したサイトの実例
  • (株)イムノカーサ WordPress有料テーマ「NEW STANDARD」の事例

    (株)イムノカーサ

  • 加賀商会 WordPress有料テーマ「NEW STANDARD」の事例

    九谷焼絵付卸 加賀商会

  • はりとおきゅう明々堂 WordPress有料テーマ「NEW STANDARD」の事例

    はりとおきゅう明々堂

  • AHS WordPress有料テーマ「NEW STANDARD」の事例

    AHS

  • VisionQuest WordPress有料テーマ「NEW STANDARD」の事例

    Vision Quest

  • ロルフメソッド神楽坂 WordPress有料テーマ「NEW STANDARD」の事例

    ロルフメソッド神楽坂

無料で14日間 「New Standard」を体験してみる

着せ替え機能でおしゃれなブログを作れるWordPress有料テーマ「JIN」

 料金: 14,800円

WP有料テンプレート「JIN」

Web開発者とアフィリエイターのコラボにて開発された有料テンプレート「JIN(ジン)」。

最大の特徴は サイトやパーツのデザインを簡単に切り替えできる機能が搭載されていることです。

価格がJINの前身であるATLASより5,000円ほど高くなっています。こちらはデザイン着せ替え機能分が上乗せされていると思われます。

また、31日間無料の安くて高速なレンタルサーバー『ConoHa WING』を申し込むとJINが割引価格になります。

お得な『ConoHa WINGサーバーとのセット割引』の詳細

ConoHa WINGサーバーについては、以下の記事で詳しく解説しています。

WordPressテーマ 「JIN」の公式サイトはこちら

可愛い系のマテリアルデザインWPテーマ「SANGO」

 料金: 11,000円

WP有料テンプレート「SANGO」

フワッとした可愛らしい雰囲気から主婦ブロガーなどに人気の高いWPテーマ。

主な特徴は下記のとおり。

  • 大部分にマテリアルデザインを採用したポップなデザイン
  • 初心者にも使いやすいカスタマイザーとショートコード
  • 手順コンテンツ向けのタイムラインなどデザインパーツが豊富
  • デメリット、実は公認の子テーマ(PORIPU)を購入しないとカスタマイズ不可部分あり
  • 31日間無料の安くて高速なレンタルサーバー『ConoHa WING』を申し込むとSANGOが割引価格に!

『ConoHa WINGサーバーとのセット割』については、先に紹介したJINと同様。
お得なので、検討の価値ありだと思います。

『SANGO』のさらなる詳細確認は、以下をご覧ください。

『SANGO』の公式サイトはこちら

【ランディングページ専用】LPを簡単に作成可能なテーマ

初心者でもワードプレスで簡単に、高品質なランディングページ・オプトインページを作成できるテンプレートです。

  • 「Colorful(カラフル)」
  • 「Danganページビルダー」

おすすめ!簡単LP作成用のワードプレス有料テーマ「Colorful(カラフル)」

 料金: 8,760円

LP用の有料テンプレートクリエイティブパック「Colorful(カラフル)」

簡単直感操作で、 高品質なランディングページが作成できる有料WordPressテンプレート。

ワードプレスのビジュアルエディタ内でヘッダー画像がつくれます。またレイアウトも自由に変更できるので、Web制作初心者の方でも、簡単にセールスページが作成可能です。

また、300種類のLP向け画像素材および、LPの集客・制作講座がセットなっています。ですので、今すぐ売れるセールスページを作り始めたい方におすすめと言えるでしょう。

WordPressテーマ 「Colorful」の詳細はこちら

既存のWPサイトに簡単LP作成機能を追加可能「Danganページビルダー」

 料金: 12,800円

LP作成用WP有料プラグイン Danganページビルダー

デザインパーツを直感操作で組み合わせるだけで、WordPressサイトにランディングページを設置できるプラグイン。

通常WPテーマでは無くて、あくまでプラグインです。そのため、 既に運営中のサイトに影響を与えずLP機能を付与できることが最大の特徴。

作成方法も簡単そのもの!
ただ12種類のデザインパーツをパズルみたいに組み合わせるだけで高品質LPが完成してしまいます。

あなたの高品質ランディングページ作成を支援する主な機能は以下の5つです。

  • 1.日本語専用のGoogleウェブフォントで美しく目立つ見出しを作れる
  • 2.メール配信サービス簡単連携機能でオプトインページ作成もラクラク!
  • 3.ポップアップ表示機能搭載!離脱直前でメール登録等の別提案ができる
  • 4.カウントダウン機能でキャンペーン等のマーケティングをすぐ反映できる
  • 5.自動アップデート対応なので手間なく最新版を使用し続けられる

単なるWordPressテーマが欲しい方にはオススメできませんが、既に運営しているサイトにLP機能を追加したい!
しかも簡単に高品質なLPを作成したいという方にこそ、以下からDanganページビルダーの詳細をチェックいただくことをオススメいたします。

簡単LP作成プラグイン 「Danganページビルダー」の詳細はこちら

【格安】値段が安い、業種別のWordPress有料テーマ

会社・飲食・サロン・士業・不動産など。それぞれの業種向けのオーソドックスなホームページ制作向けの格安テーマ。

ただ安いだけあって、ぶっちゃけ大した機能は備わっていないので、お留め置きください。

  • 「CRAZY WP」
  • 「クラウドテンプレート」

スマホにも対応!業種別WordPressビジネス有料テーマ「CRAZY WP」

 料金: 4,980円〜

Crazy WP 業種に特化したレスポンシブWordPressWordPress有料テンプレート

新規に事業者を始める方向けに 各業種に特化したテンプレートを低価格で提供しているサービス CRAZY WP。

日本語提供の業種系テンプレート中でも、かなり流行のデザインを取り入れている部類といえます。

もちろんスマホにも完全対応、有名なCSSフレームワークBootStrap3を使用したレスポンシブデザインです。

WordPressテーマ 「CRAZY WP」の公式サイトはこちら

お店や企業向け!値段の安いWordPressテーマ「クラウドテンプレート」

 料金: 4,980円

価格の安いWordPress有料テーマ クラウドテンプレート

WEB制作会社・大手企業向けに、ハイクオリティな有料WordPressテーマや、HTMLテンプレートを提供しているクラウドテンプレート。

数多くのビジネス向けワードプレステンプレートが提供されていますので、 構築したいサイトの業種に合わせたデザインをチョイスしやすく、価格が安いこともおすすめポイントとなります。

提供されているWPテーマは、全てスマホ・タブレット対応のレスポンシブデザインの有料テンプレートです。

クラウドテンプレートのレスポンシブテーマ一覧 はこちら

【Q&A】有料テーマの『よくある質問』に答えます【初心者向け】

ここまで、ダダァーっと有料テーマを紹介してまいりましたので、この辺りでWordPress有料テーマに関するよくある質問に答えたいと思います。

WordPress有料テーマのメリットや無料テーマとの違いは何?

「有料のWordPressテンプレートって無料のものと違って何が良いの?」
まぁよく質問を受ける事項です。

以下は、無料テーマと比較した 有料テーマのメリットになります。

カスタマイズ無しでもデザイン性が高い
カスタマイズ時間が短縮でき、記事制作に集中しやすい。
情報量が多くサポートもある
通常はサポートがある。ネット上にも情報が多く存在する。
記事やパーツの装飾機能が充実している
装飾用クラスなどがあり、原則はCSSコーディングが不要。
インストールするプラグイン数を少なく抑えられる
プラグイン同士の衝突問題やパフォーマンス低下を避けられる。
SEOに強い
そのテーマにもよるが、無料テーマよりもSEOに強いものが多い。

総じて、 無料テーマより手間無くサイトのクオリティを上げられることがメリットと言えるでしょう。

WordPressテーマを選ぶ際、どんな注意点がありますか?

以下の8つのような項目を、きちんと決めたり確認しておかないと後悔するかもしれないことが注意点です。

  1. 1.目的をハッキリ決める【ブログ系?企業や店舗HP系?】
  2. 2.メインコンテンツを決める【テキスト?写真?動画?】
  3. 3.単一サイトを作り込むのか?複数サイトを展開するか?
  4. 4.日本語テーマから選ぶのか?海外のテーマにするのか?
  5. 5.とにかくDEMOサイトをスミズミまで見て雰囲気を確認
  6. 6.必要な機能やページ・デザインが揃っていることを確認
  7. 7.テーマに合った写真などの素材を用意できるか?を確認
  8. 8.インストール必須プラグインがあるのかどうか?を確認

詳細を述べるとかなり長くなってしまうため、別記事にて解説しました。
気になる方は、以下をご参照ください。

WordPress有料テーマのライセンスは複数サイトに使い回し可能?

購入したWP有料テーマは使い回しできるのか?こちらもチョイチョイ質問される事項です。

結論、 販売元が定めるライセンスによります

「じゃあ、使いまわしたらバレるのか?」とか「どのテーマは使い回し可能なライセンスなのか?」といった詳細が気になる方は、ぜひ以下の記事をどうぞ!

海外の有料WordPressテーマと日本語の有料テーマは何が違うの?

「海外製のWordPress有料テーマも良く見かけるけど、国内のものとは主に何が違うの?」
こちらも疑問に感じられる方が多い項目です。

海外WPテーマのメリット

  • 最新デザイン動向が反映されていることが多い
  • 最新技術の機能が取り入れられていることが多い
  • 場合によっては日本製よりも価格が安い

Webの技術やデザインは、基本的に米国が世界を牽引しています。

ですのでWordPressテーマも、新しい技術やデザインはまず米国で生まれる→それを日本のディベロッパーが取り入れる流れが一般的です。

海外WPテーマのデメリット
  • マニュアルやサポート、画面が英語(言語障壁)
  • 英文ならお洒落でも日本語文だとダサくなりがち
  • リッチ機能盛り過ぎでスピードが遅いものも多い

要するに英語のマニュアルやサポートを使って、日本語向けにカスタマイズ(場合によっては表示スピード等も)する必要があるということ。

すなわち海外のWordPress有料テーマは、 「英語に抵抗が無い方。または独力で問題なくカスタマイズ可能な中級以上の方」が対象と言えます。

WordPress有料テーマのアップロードとインストールはどうやるの?

WordPress公式テーマと公式以外テーマでインストール方法が異なります。

購入した WP有料テーマは、一般的に公式以外テーマです。

そして公式以外のテーマのインストール手順は、以下のとおりとなります。

  • ①管理画面メニューの[外観]→[テーマ]
  • テーマ画面上部のボタン[新規追加]→[テーマのアップロード]
  • その後[ファイルを選択]をクリック

なお、テーマのインストール手順については、次の記事で詳しく解説しています。

WordPress有料テーマをインストールした後の設定方法はどうやるの?

有料テーマを追加した後には必ず 「有効化」という設定が必要になります。

具体的な手順は、

管理画面メニューの[外観]→[テーマ]
「今回インストールしたWPテーマ」を有効化です。

なお子テーマが用意されている場合、 有効化するのは子テーマであることにご注意ください。

WordPressテーマを変更する際の注意点は何ですか?

以下のとおり。

  1. 1.バックアップを取っておいた方が無難
  2. 2.変更前のテンプレートファイルに直接書いたカスタマイズが消える
  3. 3.変更前のテーマの独自機能が無効になる(ショートコードなど)
  4. 4.ウィジェットの再設定が必要になる
  5. 5.GoogleアナリティクスやSearchConsoleの再設定が必要になる
  6. 6.GoogleAdsensなどの広告も再設定が必要になる
  7. 7.不要または使えないプラグインが出てくる可能性がある
  8. 8.アイキャッチ画像のリサイズが必要になる可能性がある

上記の8つを押さえておけば問題ないと思います。
また、そもそも「WordPressテーマを追加・変更できない」というトラブルに関して、以下の別記事を用意しました。

【まとめ】あなたにとって最高のWordPressテーマを手に入れよう

以上、日本語WordPress有料テーマのまとめを目的別に整理して紹介しました。

どれにするか?迷った際には「ご自身の目的を思い出しつつ、とにかくデモサイトをじっくり見てみる」ことが大切。

なぜなら、ちょっと厳しい意見ですが、初心者の方はデモより優れたブログやサイトを作るのは難しいからです。

デモサイトのチェックは無料ですので、バンバンやらないと損ですよね。
ぜひデモを眺めながら、ご自身のサイトの完成形をイメージしてみましょう。

最後にもう一度、おすすめTOP5の特徴をまとめておきます。

  • 人気No.1の有料テーマは、日本一高速でSEOに強いテーマ「 THE THOR」。
  • SEO・デザイン・機能数と三拍子揃った超ハイレベルなテーマ
  • 超ハイレベルなのにとってもリーズナブル(税抜:14,800円)!
  • 無料でTHE THORのデモサイトを見てみる
  • 人気No.2は、国内随一の美しいデザイン「 TCDテーマ」。
  • 美しいテーマが40種類以上揃っており、お好みをチョイス!
  • 一つのサイトに力を入れパワーサイトに育てて行きたい方におすすめ
  • TCDテーマの一覧はこちら
  • 人気No.3のテーマは、迅速丁寧なサポートが最大の特徴である「 DIVER」。
  • カスタマイズ方法まで教えてくれる丁寧なサポート
  • 最新SEO動向に合わせ常にバージョンアップもされる
  • 無料でDIVERのデモサイトを見てみる
  • 人気No.4は、アフィリエイト特化WPテーマ「 AFFINGER6」。
  • アフィリブログ向けのデザインパーツが超充実している
  • 内部SEO対策済み、記事ごとのスマホ向けAMP化も可能!
  • 無料でAFFINGER6のデモサイトを見てみる
  • 人気No.5の有料テーマは、スタイリッシュな高機能テーマ「 STREETIST」。
  • 白黒基調&アニメーションのスタイリッシュなデザイン!
  • 次世代技術で高速化されており、SEOがバッチリ
  • 記事装飾などの機能も充実。ブロックエディタにも対応
  • 無料でストリーティストのデモサイトを見てみる

あなたにとって最高のWordPressテーマを入手し「収益力と個性が融合した最強のWordPressサイト」を手にされますことを願っています。

flight