【完全保存版】コーポレート・企業HP向けWordPress有料テーマ一覧

中小企業に捧ぐ!企業向けテーマ BEST35

2014年12月投稿、2018年11月最終更新。

私は中小企業向けの集客用CMS開発会社に勤めていますので、コーポレートサイトを良くチェックします。

同時に「今更さらながらコーポレートサイトをスマホ対応にリニューアルしたい。そしてモバイルユーザーにも会社の魅力を伝えていきたい」という声も、ちょいちょい耳にしています。

そこで今回はレスポンシブデザインに絞って、まずは企業サイト作成向けのワードプレステンプレートを網羅。

その上で、「企業の魅力を伝えやすいデザインや機能を有しているか?」という視点から、日本製TOP18+海外製TOP17 → 企業サイト用WPテーマTOP35
という形態に整理して紹介します。

日本語製のコーポレートサイト/企業サイト向け WordPress有料テーマ

コーポレートサイト向けに開発された、国産テンプレート達。
日本語の企業ホームページをお考えでしたら、下記の人気No.1〜No.3は要チェックです。

海外有名企業サイトレベルのコーポレートテンプレート「ORION」

人気No.1 コーポレートサイト向けテーマ 人気 No.1価格:¥12,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ ORION

ファーストビューに、WMP4形式の動画あるいはYoutube動画を、フルスクリーンで表示できるWordPressテンプレート。
※画像スライダーの表示も選択可能。

仮にこのテンプレートを使用すれば、海外の有名企業サイトのように、情報をイメージとして五感に響かせる印象的なコーポレートサイトを簡単に作成することができます。

また、スライダーを実装した特別ページ機能を使えば、コーディングの知識がなくても簡単に洗練された商品・サービスページを設置可能です。

このようにORIONなら、映像とサイトが融合したド迫力の新しいコーポレートメディアを専門知識なしに作成できます。

「ORION」の詳細はこちら

最先端の表現でブランド確立!企業HP向けWP有料テーマ「VOGUE」

 コーポレートサイト向けテーマ 人気 No.2 価格:¥16,800

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ Vogue

最先端の表現と技術が詰め込まれた企業サイト向けの有料WordPressテーマ。

インパクトを与えるスプラッシュページ(ページを開く前にブランドロゴやキャッチコピーをブラウザいっぱいに見せることができるイントロダクションぺージ)および、トップページヘッダーエリアの4分割ヒーロヘッダー動画コンテンツによって、御社のコーポーレートイメージを瞬時に訪問者に伝えます。

また、ヘッダー下のコンテンツビルダーでは7つのコンテンツ(「キャッチフレーズ&説明文」「プランコンテンツ」「メインイメージ」「ブログ&ニュース」「ギャラリーコンテンツ」「フリースペース」)を任意に設定でき、コンテンツ数の増減も可能です。
さらに、企業ブランディングの要となるスタッフ紹介ページ作成機能も搭載。

以上のように、技術に裏打ちされたデザインおよび数々の便利機能によって企業アイデンティティを効果的に伝えられるWPテーマと言えます。

「VOGUE」の詳細はこちら

ビジネスサイトに最適な 1カラムテンプレート「Grazioso」

 コーポレートサイト向けテーマ 人気 No.3価格:¥19,800

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ Grazioso

Webコンサルティング企業が提供する、次世代WordPressテンプレート。

Grazioso(グラツィオーソ)は、iPhone6公式サイトのようなデザイン+アニメーションが特徴です。

ユーザビリティの高いフラットデザイン+フレームワーク(HTML5 Boilerplate)によるレスポンシブグリット+美しいjQueryアニメーションが使われており、商品・サービスを優雅に紹介するコーポレートサイトをお考えの方は、要チェックです。

「Grazioso」の詳細はこちら

集客や販売にも強い企業ホームページ向けWPテーマ「SOURCE」

 コーポレートサイト向けテーマ 人気 No.4価格:¥13,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ SOURCE

元々はWeb集客および販売促進に特化したホームページ作成用に開発されたWordPress有料テーマ。

ですがそのデザイン性および機能性がコーポレートサイトにもピッタリな仕様となっており、サービス内容や企業イメージを訪問者に印象づけたい中小企業に大人気です。

企業イメージを印象づけるトップにはナビゲーションリンク連動型のスライダー、30種類のアイコンから選択可能な3点ボックスコンテンツおよび4点ボックスコンテンツを配置可能。

また企業サイトには欠かせないお知らせ一覧や、スタッフブログ記事一覧の表示もお手の物です。

一方、SOURCEならではの機能として挙げられるのが「CTR(行動喚起)設置機能」や「料金システム表」「機能比較表」となり、集客(リスト収集)や販売促進に一役買ってくれます。

コーポレートサイトは昔ながらの王道のもので十分という方にはオススメできませんが、集客や商品・サービスの販売促進もできるコーポレートサイトが欲しい!という方にこそWPテーマSOURCEをオススメいたします。

「SOURCE」の詳細はこちら

中小企業向けのSEOに強いWordPressテンプレート「賢威」

 コーポレートサイト向けテーマ 人気 No.5価格:¥24,800

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ 賢威

SEO対策に特化したテンプレートとして歴史あるワードプレステーマ。

検索エンジンからの集客に力を入れたい個人事業主や中小企業に人気です。

コンテンツマーケティングのために開発された賢威7.0には、複数のデザインラインナップがあります。

上記のうちコーポレート版を選択すれば、SEOに強い王道デザインの企業サイトを簡単に作成することが可能です。

また、付属しているSEOマニュアルとフォーラムは、きっと御社のウェブ戦略における資産となることでしょう。

「賢威」の詳細はこちら

企業ホームページ用のシンプルなWordPressテーマ「NEXTAGE」

価格:¥9,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ NEXTAGE

コーポレートサイトにピッタリ、ホワイトを基調としたシンプルなWordPressテーマ。

大型コンテンツスライダーを搭載。こちらは画面横いっぱいにヘッダー画像を展開し、インパクト大の印象にすることも良し、サイトの横幅に合わせて落ち着いた雰囲気にすることも可能になっています。

また、豊富な商品PRやメニューは、独自機能であるテーマオプションから簡単に入れ替え可能となっています。

インパクトを重視しつつ、全体としては強すぎない調和のとれたデザイン

もちろんレスポンシブWEBデザインなので、スマホやタブレットも完璧です。

「NEXTAGE」の詳細はこちら

求人募集や会社概要サイトに最適なワードプレステーマ「AGENT」

価格:¥12,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ AGENT

求人特設サイト向けという、かなり珍しいWordPressテーマ。

そのため、会社の雰囲気や概要をわかりやすく伝えるための機能が豊富です。

デザインも先進的ですので、もしあなたの会社サイトにこのテンプレートをインストールしたならば、企業のイメージアップが図れるかもしれません。
元々は求人サイト作成用ですが、一般的なコーポレートサイトに適したテンプレートと言えます。

「AGENT」の詳細はこちら

インテリア・建築系のコーポレートサイト向けテーマ「MONOLITH」

価格:¥12,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ MONOLITH

インテリアデザイン、建築デザインや不動産デベロッパーのコーポレートサイトに最適なWordPressテンプレート。

白を基調とし不要な要素が一切取り除かれている為、スタイリッシュであり斬新なデザインとなっています。

トップページヘッダーイメージは、4分割できるように構成されており、1枚の画像を分割した構成にしたり、4枚の異なる背景画像を配置するなど活用の幅を広げることが可能。
また、通常投稿とは別にカスタム投稿が3つ内臓されており、イベント告知やインフォーメーション、商品紹介や実績紹介の管理に便利です。

機能性が高い上に、知性を感じさせるスタイリッシュなデザインの企業サイト用テンプレートとなっています。

「MONOLITH」の詳細はこちら

企業ブランドを高めるゴージャスなワードプレステーマ「VENUS」

価格:¥12,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ コーポレートサイト WordPressテンプレート VENUS

高級ブランドの企業サイトをイメージして開発されたWordPressテーマ。

シンプルにも関わらず美しいマイナスデザイン、洗練された心地よいロールオーバーモーションなど、すべてが一流のコーポレートサイトテンプレートです。

コレクションケースのように商品を魅せるブランドページが特徴。
「VENUS」をインストールの後、推奨サイズの写真や画像をアップしテキストを入力するだけで、旧態依然のコーポレートとは一味違った革新的な企業サイトを作成することができます。

「VENUS」の詳細はこちら

会社サイトにも店舗サイトにもピッタリなWordPressテーマ「Precious」

価格:¥9,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ Precious

ショッピングサイトにも使える、企業サイト向けのWordPressテンプレート。

2014年の後半にTCDテーマからリリースされたテンプレートですが、今だ人気を誇っています。

商品の紹介だけでなく、会社情報を簡単に作成したり、Googleマップの表示も可能。 デザイン性と同時に、コーポレートサイトに必要な機能はすべて備えています。

ヨーロッパ調の近代的なデザインが特徴的!

Preciousの詳細はこちら

士業サイトテンプレートに最適なWordPressテーマ「LAW」

価格:¥11,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ コーポレートサイト ワードプレステーマ LAW

元々は弁護士や税理士、司法書士などの士業事務所向けに開発された、WordPressテンプレート。

どのような企業サイトでも利用可能な配慮が管理画面内のテーマオプションに加えられています。

訴求力抜群のサービス紹介や会社概要ページが簡単に作成できる4タイプの固定ページテンプレート、スタイリッシュなスタッフ紹介ページ、そして一瞬で信頼感を伝えてくれるフル幅ヘッダースライダーなど。
コーポレートサイトの価値を高める機能が満載です。

また、サイト訪問者の動線も意識したデザインになっているので、お問合せ・売上につながりやすいサイトを実現できます。

LAWの詳細はこちら

重厚感のあるコーポレートサイト用WordPressテーマ「Canvas」

価格:¥8,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ Canvas

自社製品やサービスのブランディングに重きを置いた、WordPressテンプレート。

先に紹介した「Precious」が近代的なデザインなのに対して、「Canvas」は質実剛健さをイメージさせるデザインです。

当然、企業サイトを作成するために必要な機能が揃っています。

Canvasの詳細はこちら

病院/医院にもピッタリな企業用WordPressテーマ「ミニマルWHITE」

価格:¥4,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ ミニマルWHITE

クラウドテンプレートが提供する、WordPressテーマ。

レスポンシブワードプレステーマ「ミニマルWHITE」は、余分な装飾を省いたミニマルデザインが特徴的です。

コーポレートサイトの他、医療系サイト(病院、歯科医院、歯医者、薬局、整体)や美容系サイト(エステ・サロン・ネイルサロン・美容室)にも適したレスポンシブテンプレートとなります。

「ミニマルWHITE」の詳細はこちら

会社紹介や学習塾に最適なワードプレステンプレート「シンプルBLUE」

価格:¥4,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ シンプルBLUE

クラウドテンプレートが提供する、WordPressテーマ。

レスポンシブワードプレステーマ「シンプルBLUE」は、さわやかなブルーが印象的です。

会社サイトの他、教育系サイト(学習塾や学校)活用いただけるレスポンシブテンプレートとなります。

「シンプルBLUE」の詳細はこちら

士業サイトにも適した企業向けWordPressテーマ「シンプルBLACK」

価格:¥4,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ シンプルBLACK

クラウドテンプレートが提供する、WordPressテンプレート。

レスポンシブワードプレステーマ「シンプルBLACK」は、ホワイト基調にブラックが映える企業サイトにふわさしく、また士業系サイト(弁護士、行政書士、会計士)にも適したテンプレートとなります。

「シンプルBLACK」の詳細はこちら

医院や士業にも使いやすい会社サイト用テンプレート「トラストBLUE」

価格:¥4,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ トラストBLUE

クラウドテンプレートが提供する、WordPressテーマ。

レスポンシブワードプレステーマ「トラストBLUE」は、ブルーを基調にしたデザインが人気のテンプレートになります。

「トラストBLUE」の詳細はこちら

企業ホームページ用のWordPressテンプレート「カンパニーBLUE」

価格:¥4,980

企業サイト作成向け日本語WordPress有料テーマ カンパニーBLUE

クラウドテンプレートが提供する、WordPressテンプレート。

レスポンシブワードプレステーマ「カンパニーBLUE」は、ブルーを基調にしたオーソドックスな企業サイト風デザインのテンプレートです。

「カンパニーBLUE」の詳細はこちら

企業サイト向け多言語対応WPテーマ「LIQUID PRESS CORPORATE」

価格:¥9,900

レスポンシブプラスや簡単カスタマイズを内蔵している多機能なコーポレートサイト専用WordPressテーマ。

LIQUID PRESS CORPORATEなら、多言語化可能な高品質企業サイトを簡単に制作することができます。

もちろんSEO対策/ソーシャル連携もバッチリです!

「LIQUID PRESS CORPORATE」の詳細はこちら

企業・コーポレートサイト向けWordPressテーマの選び方

後半の海外製コーポレートサイト向けテーマの話に入って行く前に、企業サイト用のテーマの選び方について紹介したいと思います。
(※コラムを飛ばして、海外製テーマ紹介に移動する場合はこちらをクリック!)

コーポレートサイト用のテーマを上手に選ぶためには、コーポレートサイトの主な構成を知っておく必要があります。

また、ブログの構成との違いを押さえておく必要もあります。

ブログとコーポレートサイトの具体的な違いとは?

まずブログの構成は、以下のようなものが一般的です。

  • トップページ(=新着記事の抜粋リスト)
  • 投稿記事
  • 固定ページ
    • 運営者紹介
    • お問合せ

対して企業系サイトの構成は、このようになるでしょう。

  • トップページ(イメージヘッダー、お知らせ一覧、アクセスマップなど)
  • 投稿記事
  • 固定ページ
    • 会社概要
    • 事業内容
    • 製品紹介
    • アクセス
    • お問合せ

お気づきかもしれませんが、まず両者においてトップページの役割が大きく違います。

要するに、新着投稿がタイムライン的に流れるトップページのテーマは企業サイトに向かないということです。
※お知らせ的に一部分が動的なのはOK!むしろその方が望ましい。

ブログ向けテンプレートのトップページ例

赤枠の部分は、記事の投稿などで動的に変化していくエリア。
ページの大半を占めていることがご理解いただけるかと思います。

ブログの場合

コーポレートサイト向けテーマのトップページ事例

赤枠の部分が動的に変化するエリアですが、そこまで多くありません。
これは、投稿記事以外のコンテンツをトップに掲載する機能が必要であることを示しています。

企業系サイトの場合

次にトップ以外の固定ページについても、ブログと企業系サイトでかなり異なります。

固定ページというものは、ブログでは大した役割を担うことはありません。
理由は、投稿記事コンテンツ目的のユーザーが多いから。

一方、企業系サイトの場合、固定ページが大切になってきます。
これは、会社概要やアクセスマップを確認するユーザーが多いためです。

ですので、企業系サイトを作成する場合、固定ページに会社概要やアクセスマップを綺麗に表示できる機能を備えたテンプレートを選択するのが吉ということになります。
※もちろんこのページではコーポレート機能が搭載されたテーマを紹介しています。

それでは引き続き、海外製のコーポレートサイト向けテンプレートを紹介して参ります。

海外のコーポレート/企業サイト向けレスポンシブテーマ

コーポレートサイト向けに開発された海外テンプレート。
英語圏では1カラムレイアウト&アニメーションギミックが流行っています。

世界で一番売れている海外WordPressテーマ「Avada」

価格:$60

世界で一番売れていると言っても過言ではない、人気の海外WordPressテンプレート。

シンプルなコーポレートサイト向けテーマの他、ショップ、スポーツジム、カフェ、ファッション、アプリなどなど20個以上のデザインテンプートが用意されており、クリック一つで切り替え可能です。

また、ドラッグ&ドロップで直感的にページを作成できるサイトビルダー機能や、HTML・CSSコーディングなしでテーマカスタマイズができるオプション機能など、機能面も充実。

もちろん、バージョンアップも適宜なされています。

ただ情報が英語ばかりなので、英語が苦手な方は、やはり日本製テンプレートの方が良いかも。

「Avada」の詳細はこちら

企業サイト向けの多機能な海外WordPressテーマ「RT-Theme 18」

価格:$59

RT-Theme 18

数々の機能が備わったシンプルなホワイト基調の、人気が高い海外WordPressテンプレート。

流行の全幅スライダー、デザインを一瞬で切り替えられる拡張テーマオプション、拡張テーマオプションなどの機能が搭載されています。

「RT-Theme 18」の詳細はこちら

ビジネス向けデザインスキンが豊富な海外WPテーマ「Enfold」

価格:$59

Enfold

様々なビジネス向けの16種デザインスキンが備わっている、人気の海外ワードプレステンプレートです。

セットアップが、かなり楽な仕様となっています。

「Enfold」の詳細はこちら

会社サイト向けのモダンな海外WordPressテーマ「Bridge」

人気No.3価格:$59

Bridge

モダンでクリエイティブな雰囲気である、人気の海外WordPressテンプレート。

さまざまなギミックが派手すぎないところが好印象です。

「Bridge」の詳細はこちら

6種のコーポレートサイト用デザインスキン海外WPテーマ「PRO Business」

価格:$59

PRO Business

CSSフレームワークbootstrapで構成された、人気の海外ワードプレステンプレート。

6つの企業サイト向けデザインスキンから、お好みのものを選択できます。

「PRO Business」の詳細はこちら

プロジェクト紹介に適した海外WordPressテーマ「Atrium」

価格:$44

Atrium

プロジェクトの紹介などに適したミニマルデザイン海外WordPressテンプレート。

ドラッグアンドドロップページビルダーの機能が搭載されています。

「Atrium」の詳細はこちら

アニメーションが鮮やかな企業向け海外WordPressテンプレート「Azoom」

価格:$59

Azoom

ドラッグ&ドロップビルダー内蔵の海外WordPressテンプレート。

鮮やかなアニメーションが訪問者の目を惹きます。

「Azoom」の詳細はこちら

シンプルなビジネス向け海外ワードプレステンプレート「Trades」

価格:$59

Trades

企業サイトを中心として多目的に使用可能な、海外ワードプレステンプレートです。

「Trades」の詳細はこちら

EC連携もついたコーポレートサイト向け海外WordPressテーマ「Orane」

価格:$59

Orane

企業サイトのための多目的な海外ワードプレステンプレート。

WooCommerceとの連動機能もついています。

「Orane」の詳細はこちら

ホワイトが基調の会社サイト向け海外ワードプレステーマ「Metropolis」

価格:$49

Metropolis

ホワイトを基調とした会社サイト向け海外ワードプレステンプレート。

クリーンなイメージを打ち出すのに最適です。

「Metropolis」の詳細はこちら

多目的に使えるビジネス用海外WordPressテーマ「Electrify」

価格:$59

Electrify

企業サイトを中心に、多目的に使用可能な海外ワードプレステンプレート。

フル機能を使用するには、パック販売されているプレミアムプラグインの購入(合計$67)が必要になります。

「Electrify」の詳細はこちら

ページビルダー内蔵のコーポレート向け海外WordPressテーマ「Mastery」

価格:$59

Mastery

企業サイトを中心に、上品でクリエイティブな雰囲気のサイトを作成できる海外ワードプレステンプレート。

ドラックアンドドロップによる、ページビルダーが内蔵されています。

「Mastery」の詳細はこちら

動画ヘッダーが特徴のコーポレートサイト用海外WPテーマ「DynamiX」

価格:$59

DynamiX

ページによってレイアウトやデザインを細かく変えたい方に適した、コーポレート向け海外ワードプレステンプレート。

動画ヘッダーと他言語プラグインが特徴になります。

「DynamiX」の詳細はこちら

企業イメージづくりに最適な海外WordPressテーマ「Affinity」

価格:$59

Affinity

大きな写真を使って企業イメージを打ち出したい方に適した、コーポレートサイト用海外ワードプレステンプレート。

画像とビデオ機能を備えたフルスクリーンスライダーが特徴です。

「Affinity」の詳細はこちら

金融・コンサルティング企業向けの海外WPテンプレート「Nottingham」

価格:$29

コーポレートサイト ワードプレステーマ Nottingham

金融やコンサルティングなど、クリーンで堅実なイメージが特に大切となってくる企業にピッタリの海外ワードプレステーマ。

サイトの多言語化およびドラッグ&ドロップページビルダーを備えています。

「Nottingham」の詳細はこちら

豊富なスライダーを搭載した海外コーポレートWPテーマ「MultiPurpose」

価格:$59

MultiPurpose

コーポレートサイト以外にも使い回しやすい、王道デザインのワードプレステンプレート。

さまざまなデザイン・エフェクトのスライダーが14種類内蔵されており、好きなタイプを選択・表示することが可能です。

「MultiPurpose」の詳細はこちら

パララックスを駆使した企業向けの海外WPテーマ「Elementum」

価格:$39

Elementum

コーポレートプロジェクトとEコマースサイトに向けた機能を備えた、多目的なWordPressテーマ。

パララックスとアニメーションでユニークなWebサイトを作成することが可能です。

「Elementum」の詳細はこちら

事例紹介!WordPressが導入された日本語の企業・コーポレートサイト

日本でも世界でもシェアNo.1のCMSであるWordPress。
もちろん日本の有名企業においても数多く導入されています。

ここでは、代表的な日本企業5社のコーポレートサイトを紹介しましょう。

【株式会社松屋フーズ コーポレートサイト】WP導入企業サイト事例

https://www.matsuyafoods.co.jp/

株式会社松屋フーズのWordPressコーポレートサイト

牛丼チェーン店「松屋」を運営する、株式会社松屋フーズのコーポレートサイト。

コンテンツが豊富で賑やかなサイトです。

【ヤマサ醤油株式会社 コーポレートサイト】WP導入企業サイト事例

https://www.yamasa.com/

ヤマサ醤油株式会社のWordPressコーポレートサイト

江戸時代から続く老舗、ヤマサ醤油株式会社のコーポレートサイト。

赤がメインカラーのすっきりしたホームページです。

【株式会社カカクコム コーポレートサイト】WP導入企業サイト事例

http://corporate.kakaku.com/

株式会社カカクコムのWordPressコーポレートサイト

商品比較サービスサイト「価格.com」を運営する株式会社カカクコムのコーポレートサイト。

ブルーがキーカラーでホワイトを基調とした、企業サイトデザインの王道のようなホームページです。

【株式会社オールアバウト コーポレートサイト】WP導入企業サイト事例

https://corp.allabout.co.jp/

株式会社オールアバウトのWordPressコーポレートサイト

生活総合情報サイト「All About」を運営する、株式会社オールアバウトのコーポレートサイト。

ファーストビューからスクロールを始めた時のパララックスっぽい動きと、固定グローバルナビが印象的です。

【クックパッド株式会社 コーポレートサイト】WP導入企業サイト事例

https://info.cookpad.com/

クックパッド株式会社のWPコーポレートサイト

料理レシピ共有・検索サイト「cookpad」を運営する、クックパッド株式会社のコーポレートサイト。

cookpadのサービスカラーを基調としつつ、オーソドックスな企業サイトレイアウトが採用されたホームページです。

「コーポレート・企業サイト向けWordPress有料テーマ一覧」のまとめ

今回ご紹介したテーマは、企業サイト作成用として人気が高いラインナップです。

その中でもTOP1∼3は目を見張るものがありますので、要点をもう一度まとめておきます。

  • 日本製人気No.1は、ファーストビューに動画を表示できる「ORION」。
  • コーポレートサイト作成向けのCMSに必要な機能をすべて網羅。
  • ORIONの詳細&デモはこちらです。
  • 日本製人気No.2は、最先端の表現で企業ブランドを確立する「VOGUE」。
  • コーポレートサイト作成向けのCMSに必要な機能をすべて網羅。
  • VOGUEの詳細&デモはこちらです。
  • 日本製人気No.3は、次世代レスポンシブテーマ「Grazioso」。
  • JSアニメーション&パララックスで、商品・サービスを優雅に紹介。
  • Graziosoの詳細&デモはこちらです。

もし企業サイト向けのワードプレステーマ選択で迷われた場合、上記3つからチョイスすれば、まず間違いないでしょう。

また、コーポレートサイト系以外の各種WordPress有料テーマもチェックしたい場合は、以下の記事をご参考いただけますと幸いです。

参考記事:【完全保存版】おすすめ日本語WordPress有料テーマ一覧

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

flight