多機能でSEOに強いWordPress有料テーマ「Diver」の特徴を徹底解説!

SEOに強くて多機能なテーマ欲しいですか?

DIVER!人気爆進中です!

2017年にリリースされて以来、数々のバージョンアップが行われながら、人気爆進中のWordPressテーマDiver(ダイバー)」。

この記事ではDiverの特徴を、機能面やマニュアル面、利用者の評判(悪評の調査を含む)といった面からまとめました

多機能でSEOに強いWordPressテーマをお探しの方は、しっかり内容をご確認いたただけますと幸いです。

  1. 【目次:Diverの特徴を解説!設定・カスタマイズ方法から評判まで】
  2. WordPressテーマDiverの特徴1:設定方法マニュアルが超充実!
    1.  WordPressテーマDiverのSEO系設定方法とは?
    2.  WordPressテーマDiverのGoogleアドセンス設定方法
    3.  WordPressテーマDiverのプロフィール設定方法
  3. WPテーマDiverの特徴2:高機能過ぎる!入力補助機能
  4. WPテーマDiverの特徴3:圧倒的に便利なショートコード一覧
  5. で、WordPressテーマDiverの評判・評価ってどうなの?
    1.  超優良!ワードプレステーマDiverのサポート対応評価
    2.  WPテーマDiverはアフィリエイトや収益ブログに強い!と評判
  6. WPテーマDiver購入後のインストール方法(子テーマに注意!)
  7. WordPressテーマDiverの具体的なカスタマイズ方法
    1.  Diver管理画面「外観 > カスタマイズ」メニューを使用
    2.  WordPressテーマDiverの子テーマファイルを編集
  8. この記事のまとめ

WordPressテーマDiverの特徴1:設定方法マニュアルが超充実!

WordPressでのサイト構築に慣れている方ならともかく、初心者の方の場合ですと購入したテーマのマニュアルの充実度は死活問題かもしれません。

その点、以下URLのとおりDiverの公式オンラインマニュアルはメチャメチャ充実していますので心配無用と言えるでしょう。
https://tan-taka.com/diver-demo/category/manual

以下に3つの基本的な機能設定の特徴を紹介したいと思います。

WordPressテーマDiverのSEO設定(AMP対応含む)

WordPressテーマDiverのSEO設定

ズバリ!Diverは内部SEOの強さがウリとなっているWordPressテーマです。

そのため、特にプラグインを追加しなくとも細かなSEO設定が可能。

「基本のSEO設定」「OGP設定」「投稿ページのSEO対策」「カテゴリーページのSEO対策」と各々設定することができます。

もっともインストール時に内部SEO対策に最適なデフォルト値が設定されていますので、最低限の必要項目(タイトル・ディスクリプションなど)を入力するだけで十分と言えるかもしれません。

また、スマホ検索においてGoogleが重要視しているAMP対応も投稿ごとにワンクリックで設定可能となっています。

WordPressテーマDiverのGoogleアドセンス設定

WordPressテーマDiverのアドセンス設定

これまた圧巻なくらい、細かな広告表示設定が可能。

一度アナリティクスコードを仕込んでさえおけば、「投稿内上部」「最初のH2の直前」「2番目のH2の直前」「3番目のH2の直前」「投稿内下部」にそれぞれバナーorレクタングルを設定できます。

さらに、AMPの場合の専用設定も可能であり、「スポンサーリンク」の表示設定もできます。

そして、投稿ごとに個別で広告を非表示にすることも可能ですし、ウィジェットを使用してコンテンツエリア外に設定することも可能となっています。

広告配置に対応をうたっているWordPressテーマは多く存在しますが、ここまで広告配置に配慮しているテンプレートも珍しいです。

WordPressテーマDiverのプロフィール設定方法

WordPressテーマDiverのプロフィール設定

Diverのウィジェットを使ったサイドバーエリアのプロフィール設定機能。

凄く画期的という訳でありませんが、簡単にきれいなプロフィールを作成することができるためブロガーやアフィリエイターにとって地味に便利な機能です。

タイトル、名前、テキスト(自己紹介文)を入力でき、アイコン画像とカバー画像を設定することが可能となっています。

WPテーマDiverの特徴2:高機能過ぎる!入力補助機能

WordPressテーマDiverの入力補助機能

入力補助機能はワードプレステンプレートDiverの真骨頂とも言える、それはもうリアルガチで便利な唯一無二のオリジナル機能。

HTMLやCSSはおろかショートコードすら記述しなくとも、投稿画面内の設定メニューから以下のような収益ブログを彩る21種類のデザインパーツを簡単に設置可能です。
(※21種類は2018年9月時点。過去のバージョンアップ傾向から、さらに増えていくと予想されます。)

  1. 1. ボタン
  2. 2. バッジ
  3. 3. 囲い枠
  4. 4. 区切り線
  5. 5. アイコン
  6. 6. グリッドレイアウト
  7. 7. 引用
  8. 8. AMP表示
  9. 9. 横棒グラフ
  10. 10. 吹き出し
  11. 11. 口コミ
  12. 12. 会話
  13. 13. ランキング
  14. 14. レビュー
  15. 15. レビュー表
  16. 16. ポップアップ
  17. 17. Q&A
  18. 18. コード
  19. 19. トグル
  20. 20. QRコード
  21. 21. 記事一覧

例えば「1.ボタン」の入力補助は以下のような感じ。

Diver入力補助「ボタン」

以下は「12.会話」の入力補助!

Diver入力補助「会話」

アフィリエイトに便利な「11.口コミ」と「13.ランキング」の入力補助は、こんな感じ!

Diver入力補助「口コミ」
Diver入力補助「ランキング」

上記のようなデザインパーツを活用すると、記事内の情報が整理され読みやすくなりますしクリック率もアップします。

そして、投稿画面のメニューからこれだけのパーツをコード記述無しで簡単に挿入できる機能はリアルに唯一無二の存在です。

Diverは私のようなHTML・CSS・JSコードが大好きな職業フロントエンドコーダーの方には正直あまりお勧めできるテンプレートではありません。

一方、コード記述なしに効果的な記事をガンガンブログやサイトに投稿していきたい方は、一度Diverの詳細を以下からご確認いただくことをオススメいたします。

超便利な入力補助機能搭載!「DIVER」の詳細を確認する

WPテーマDiverの特徴3:素早い記事作成に便利なショートコード

DIVER初心者の方には超便利な機能であるものの、コード入力に慣れた中級者の場合、まだるっこしいと感じるかもしれません。

各々メニューから設置する必要がでてくるからです。

そこでWordPressテーマDiverでは、入力補助機能+αの項目をショートコードにて設置することが可能となっています。

具体的には以下のような項目を、ショートコードにて設置できます。

WPテーマDiverの文字装飾ショートコード

WordPressテーマDiverの文字装飾ショートコード

文字の装飾に関する以下の項目についてショートコードが用意されています。

  1. 1. 引用
  2. 2. ハイライト
  3. 3. マーカー
  4. 4. 打ち消し線
  5. 5. 文字サイズ
  6. 6. 文字太さ
  7. 7. 文字色
  8. 8. 文字背景

実際のコードおよび画面に表示されるパーツは、Diverの公式デモサイトでご確認いただけます。
https://tan-taka.com/diver-demo/shortcode/543

WPテーマDiverのグリッドレイアウトショートコード

WordPressテーマDiverのグリッドレイアウトショートコード

下記グリッドレイアウトを構成するためのショートコードも用意されており、記事作成をサクサク進めることができます。

  1. 1. 2カラム(スマホでは1カラム)
  2. 2. スマホでも2カラム
  3. 3. 3カラム(スマホでは1カラム)
  4. 4. スマホでも3カラム
  5. 5. 4カラム(スマホでは1カラム)
  6. 6. スマホでも4カラム

以下の公式デモサイトで、実際のコードおよび画面に表示されるレイアウトを確認可能です。
https://tan-taka.com/diver-demo/shortcode/448

WPテーマDiverの記事一覧ショートコード

WordPressテーマDiverの記事一覧ショートコード

ブログでかなり使える以下のような記事一覧パーツも、ショートコードでガンガン設置できます。

  1. 1. ランダム記事一覧(グリッド)
  2. 2. ランダム記事一覧(リスト)
  3. 3. ランキング記事一覧(グリッド)
  4. 4. ランキング記事一覧(リスト)
  5. 5. カテゴリー記事一覧(グリッド)

実際のコードや画面に表示されるパーツの一覧は、以下の公式デモサイトに掲載されています。
https://tan-taka.com/diver-demo/shortcode/6813

WPテーマDiverの記事一覧ショートコード

WordPressテーマDiverの記事一覧ショートコード

前述の入力補助機能で表現できるようなデザインパーツを、ショートコードでスピーディーに設置可能。「1.記事取得」機能が地味に便利だったりします。

  1. 1. 記事取得
  2. 2. お知らせ・警告
  3. 3. ボタン
  4. 4. 吹き出しバルーン
  5. 5. バッジ
  6. 6. ボーダー
  7. 7. スライダートグル
  8. 8. 横棒グラフ
  9. 9. レビュー用の星
  10. 10. SNS(Facebook/Twitter/Instagram/Googleplus)
  11. 11. 会話風

こちらも公式デモサイトにて実際のコードや表示されるパーツ一覧を確認可能です。
https://tan-taka.com/diver-demo/shortcode/496

ちなみに以上のようなショートコードは、あくまで中級者が記事作成のスピードをアップさせるための機能という位置づけとなります。

ですのでコード記述に慣れていない初心者の方は、ショートコードを使わずに入力補助機能のみを使用すれば十分にカッコよくて成果の出やすい記事を作成することが可能です。

WordPressテーマDiverのリアルな評判・評価ってどう?

ここまでダダァーとDiverに対する私個人の感想や意見を中心に紹介してまいりましたが、世間の評価・評判の調査結果を紹介していきましょう。

超優良!ワードプレステーマDiverのサポート対応評価

WordPressテーマDiverの問合せ対応評価

Diverの評価を調査してみると、まずサポート対応がとにかく迅速で素晴らしいという情報を目にします。

その具体的なリアル口コミは、以下のとおりです。

今後の開発要望を上げたら、数日後に返信が来ました。
私の要望の一つは既に仕様として存在してますよと言う丁寧な解説付きお返事。(このときは表示記事の編集画面へ直接アクセスしたい、という要望をだしました)
他の要望も今後の開発に前向きに検討して下さるとか!

引用元:https://mononoco.com/

DIVERはサポート体制も整っており、困った点があれば問い合わせることで即時対応してくれます。購入直後に困った点があったんですが、すぐ解決することができました。

引用元:http://cycle-japan.com/

実際に私も何度かやりとりをしていますが、わからないことを問い合わせすると数時間以内に返事が返ってきます。
もちろん問い合わせた時の状況にもよるとは思いますが、どちらの内容も大体3〜4時間以内に返信してくれています。
すでに10回以上問い合わせをしていますが、いつも快く返事をくださいます。

引用元:https://ownedmedianoie.com/

【Diver】を購入以来、20回くらいの疑問の問い合わせをしています。それらの回答はいつも早く、そのおかげで、サイト開発が留まることなく助かっています。
そして、最近では、ここ1週間のなかで4〜5回の問い合わせをしています。そして、全部、丁寧に開発者から適確な回答を得ています。こんなに安心なサポートは他に見当たりません。

引用元:http://here-and-there.online/

バグや不具合を報告すると1~2日後アップデートで即修正されます。恐るべし「Diver」サポートチーム…
何個か問い合わせをしましたが全てのカスタマイズ方法を丁寧に教えていただけました。
大幅なテーマの改変が必要にならなければ全てのカスタマイズに対応して頂けると思います。

引用元:https://www.hyper-personal.com/

確かにDiverの公式サイトには「メールでなら基本無料で無期限、回数無制限で満足度100%を目指して手取り足取りサポートする」と記載されています。

上記のような口コミをみる限り、その公約を忠実に果たし(返信の迅速を考慮すると公約を超えてる!)続けていることが伺えますね。

「バグや不具合の問合せを入れると1~2日後に即改修」というのは、類似業界(集客用CMS開発系企業)に務める私からすると、圧倒されるほどのフットワークの軽さであり驚きです。

そしてこの手厚いサポートは初心者の方にとって、リアルガチで心強い武器となると断言できます。

なお、お問合せがDiver管理画面からお手軽に行えることも魅力の一つと言えるでしょう。

WPテーマDiverはアフィリエイトや収益ブログに強い!と評判

WordPressテーマDiverの評判

さらにアフィリエイトやブログ広告の収益UPにつながったという評判も目にします。

なんと言っても商品の謳い文句が「アフィリエイター収益最大化!最新SEO対策済み!wordpressテーマDiver」ですからね。

具体的な口コミは、以下のような感じです。

テーマを変更した1ヶ月後ぐらいからPVは一気に2倍を超え、それに伴ってアフィリエイトの報酬もどんどん増えていきました。

引用元:https://ownedmedianoie.com/

デザインの豊富さに脱帽です。痒いところに手が行き届く感じ。
広告案件を目立たせたい時にわざわざコードをいじらなくてもいい感じに設置できるし。
おかげさまでアフィリエイト収益が月10万円程度だったのが、月25万円ほどまで安定するようになりました。
安定するというのは確実にこのテーマのおかげなんだろうなと思います。

引用元:https://tan-taka.com/diver/

アフィリエイトサイトでほしい機能が搭載されています。
ランキングや口コミはほしい機能ですよね。しかも難しい操作は一切必要なく簡単に作成することができます。
日々新機能が追加され進化しており、使っていてとても楽しいです!

引用元:https://itdaisuki.com/

SEOの効果もすごいみたいでPV数がすごく増加しています☆
ほんとに良いものってあまり人に教えたくないものですね(笑)
それくらいおすすめです( ´ ▽ ` )ノ

引用元:https://tan-taka.com/diver/

副業でアフィリエイトをやっていますが、「Diver(ダイバー)」は本当に簡単な操作で素敵なデザインのサイトが作れるところが嬉しいです。
ある時、友人に自分のサイトを見せる機会があったのですが、友人が私のサイトを見て「これ◯◯が本当に作ったの?」の驚きを隠せない様子でした。

引用元:https://tan-taka.com/diver/

Diverに変えたらPVが増えたという意見は、他にも沢山ありました。

ただ上記意見は、価値あるコンテンツを投稿し真剣にサイトを運営している方達によるものということには注意が必要です。

WordPressテンプレートは魔法でもなんでもありませんので、コンテンツが×なサイトのPVが跳ね上がることは有り得ませんから。

悪評を調査!WPテーマDiverの表示が遅い・重いって本当?

WordPressテーマDiverの悪評を調査

さて、WordPressテーマDiverの評判を調査していくなかで、ある情報を目にしました。

それは「Diverに切り替えたらサイトの表示が遅くなった」とか「Diverにしたら管理画面が重くなった」いうものです。果たして本当なのでしょうか?

気になりましたので、詳細を徹底調査してみました。

WPテーマDiverの表示が重いと感じる条件とそのカラクリ!

調査を進めていくとDiverの表示が重いと感じたと述べている方々には、どうも3つの条件に当てはまっていることが分かりました。

その条件とは以下のとおりです。

  1. 1.元々JSアニメーションの無い超シンプルWPテーマを使ってた。
     もしくは、WPではなくHTMLテンプレートを使用していた。
  2. 2.スペックの低い格安サーバーを使用している。
  3. 3.管理画面に大きい負荷をかけるプラグインを使用している。

で、そのカラクリ!

まず、WordPressはPHPとMySQLを使って動的にHTML等を書き出してサイトを生成しています。

動的サイトの表示速度は静的HTMLテンプレートのサイトと比べ遅くなりがちです。

参考記事:【完全保存版】ワードプレスとは?の初心者向け説明書

また、スライダーなどJavascriptを駆使したリッチコンテンツが存在すると、どうしてもサイト表示に負荷がかかります。

要するにDiver云々ではなく、JSコンテンツを使用したリッチなWordPressサイトを低スペックサーバーで運用すること自体にそもそも無理があったということです。

さらに、管理画面の重さについて。

実はあるプラグインが管理画面に負荷をかけていることに、機能の少ないWPテーマを使用している際には気がつかない場合も多いものです。
(※昔、私もセキュリティ系プラグインでハマった経験があります)

そして多機能であるDiverに切り替えたことで元々抱えていたプラグイン問題が顕在化したということでしょう。

そんな時は負荷の大きいプラグインを調べるプラグイン「P3 (Plugin Performance Profiler)」を使って、原因となっているプラグイン割り出し停止すれば即解消されます。

では、Diverの表示の重さについて結論を述べます。

  • 1.サイト表示速度は、Xサーバー等の一定スペック環境なら全然問題無し
  • 2.仮に管理画面が重い場合は、原因プラグインの割り出し→停止で即解消

ちなみにXサーバーとロリポップのスタンダードプランにおいては、特にサイト表示速度に問題はありませんでした。

丁寧なサポートやPV数UPで好評!「DIVER」の詳細を確認する

WPテーマDiver購入後のインストール方法(子テーマに注意!)

ここからはDiverを実際に購入した後に行うことを、紹介していきたいと思います。

最初はDiverのインストール方法です。マニュアル的な手順は、以下の3ステップとなります。

  • 1. インフォトップで購入したDiverのファイル一式をダウンロード。
  • 2. ダウンロードしたファイル内のフォルダ「Diver_set」を開く。
  • 3. Diver_set内にある「Diver.zip」と「Diver-child.zip」をWPにインストールする。

上記のうち「Diver.zip」および「Diver-child.zip」をWPにインストールするためには管理画面にログインする必要があります。

そしてログイン後に下記のように操作してください。

管理画面メニューの[外観]→[テーマ]
テーマ画面上部のボタン[新規追加]→[テーマのアップロード]
その後[ファイルを選択]をクリック

DiverをWP管理画面からインストール

なおインストールした2ファイルのうち「Diver.zip」はいわゆる親テーマファイル、「Diver-child.zip」は子テーマファイルとなります。

そして初心者の方に注意が必要な点は、管理画面から有効化するのは子テーマだということです。

DiverをWP管理画面から有効化

すなわち、

管理画面メニューの[外観]→[テーマ]
テーマ画面内の「diver_child」を有効化

という手順になります。

WordPressテーマDiverの具体的なカスタマイズ方法

さて、最後にはDiverインストール後に行うカスタマイズ(必須ではありませんが)方法を、簡単にではありますがお伝えしましょう。

パターンとしては2つあります。

Diver管理画面「外観 > カスタマイズ」メニューを使用

Diverのかカスタマイズ方法「外観 > カスタマイズ」メニュー

最初に王道のカスタマイズ方法から。

Diverの「外観 > カスタマイズ」(通称カスタマイザー)には、メイン設定・基本カラー・サイズ設定などなど、多くの項目に対して事細かにカスタマイズできる機能が備わっています。

以下のオンラインマニュアルを参照に、この機能を使ってまずは基本的なカスタマイズを行うのが吉でしょう。

【参考:公式オンラインマニュアル】

カスタマイザー:メイン設定
カスタマイザー:サイトロゴ・アイコン
カスタマイザー:投稿ページ
カスタマイザー:SNS

WordPressテーマDiverの子テーマファイルを編集

Diverの子テーマファイルを編集

一方、改修に近いような大幅な変更の場合、子テーマのstyle.cssなどをカスタマイズしていくことになります。

もっともDiverの場合、先述のカスタマイザーやウィジェットなどの機能が充実しまくっているため、わざわざ子テーマファイルをカスタマイズする必要性はそうそう無いかもしれません。

購入後のカスタマイズ機能も充実!「DIVER」の詳細を確認する

この記事のまとめ

以上、WordPressテーマ「Diver」の特徴を紹介しました。

Diverは投稿機能やカスタマイズ機能が充実していると同時に「PV数が上がりアフィリエイト収益が伸びた!」という利用者の口コミも多いテーマです。

WordPressテーマなんて見た目さえよければ無料か格安のもので十分という方にはオススメできませんが、収益が伸びるWebサイトを本気で欲しい方にとって超強力な武器となるという事実を切実にお伝えしたいと思います。

「DIVER」の公式サイトはこちら

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

flight