【完全保存版2018】日本語の無料WPテーマ テンプレートのまとめ。

まとめましたよ!無料の日本語テーマ。

無料の日本語WPテーマまとめました

※2012年10月投稿、2018年9月最終更新。

「もっと日本っぽい、カチッとした無料テンプレートは無いかな?」
「WordPress公式サイトにある無料テーマは、英語版が多いんでちょっと・・・」

あなたも、そんな風に感じたことがあるかもしれません。

もし そうであるならば以下で紹介する無料テンプレート提供サイトが、きっと役に立つと思います。

しっかりとチェックしていきましょう。

※テーマ配布が終了されているケースもありますのでご了承ください。

スマホ対応のコーポレート向けWordPress無料テーマ Emanon Free

https://wp-emanon.jp/

Emanon Free

コンテンツマーケティングによる集客サイト用WordPressテーマの無料版。

配布先サイトのグロバールナビにある【無料版】メニューよりダウンロードページに遷移可能です。

なお、プロ仕様のWordPress有料テーマを使って本格的なコーポレートサイトを作成したい方は、以下の記事をご参考くださいませ。

参考記事:企業の魅力が100%伝わる!コーポレートサイト用WP有料テーマ35選

アフィリエイトブログ向けWordPress無料テーマ STINGER

http://wp-fun.com/dl/

STINGER

アフィリエイターに人気のあるWPテーマ「WING」の無料DL版であるSTINGERシリーズ。

現在の最新版は「STINGER PLUS2」であり、公式サイトにおけるマニュアルが充実しているため初心者の方でも安心です。

もっとも、本気で稼ぐアフィリエイトブログを構築したい方の場合は、より緻密なSEO施策・AMP対応・アフィリエイト向けデザインパーツなどなど、全てが揃っているWING(AFFINGER5)をチェックしておいた方が吉がもしれません。

参考:WING(AFFINGER5)の公式サイトはこちら

日本語のレスポンシブWP無料テーマを配布 クラウドテンプレート

こちらのサイトにある製造者・製作者情報の詳細情報欄に記載のホームページURLをクリックすると、無料配布サイトに遷移できます。

クラウドテンプレート

大手企業やWEB制作会社向けに、日本語ワードプレステーマを販売しているサービスです。

左サイドバーの「>商用利用可能 無料ホームページテンプレート」というバナーをクリックすると、フリーテンプレートの一覧ページに遷移できます。

スマホ対応の企業サイト向けWordPress無料テンプレート BizVektor

こちらのサイトにある製造者・製作者情報の詳細情報欄に記載のURLをクリックすると、無料配布サイトに遷移できます。

BizVektor

レスポンシブデザイン(PC タブレット スマホなどデバイスによってサイズが変わる)の高品質テーマを配布。
コーポレートサイトなどにも適したビジネス向けの無料テンプレートとして歴史のあるWPテーマです。

グローバルナビの「BizVektorとは」>「ダウンロード」をクリックすると、無料ダウンロードページに遷移できます。

クールでかっこいいWordPressテーマ 無料テーマ

https://www.af-joho.com/free-theme/download/

クールでかっこいいWordPressテーマ

アフィリエイトやドロップシッピング向けテンプレートとして有名な「クールでかっこいいWordPressテーマ」の無料版。

和風デザインのWordPressテーマやアフィリエイト向けのテンプレート、ドロップシッピング仕様テーマなど、なかなかユニークな無料テーマを配布しています。

シンプルでカスタマイズしやすいWP無料テーマ Lightning

https://lightning.nagoya/ja/

Lightning

WordPress.orgの公式テーマでもある高品質な無料テーマ。有名な
有名なCSSフレームワークBootstrapをベースにした、シンプルなレスポンシブテンプレートです。

公式WPテーマですので管理画面からインストール可能となります。

インストール方法が不明な方は、以下の公式サイトをご参照ください。

参考:Lightning公式サイト「Lightningインストール」

会社から美容サロンまで多くのWP無料テーマを配布 テンプレートキング

https://www.templateking.jp/

テンプレートキング

レンタルサーバーの【ファーストサーバ】が提供しているテンプレートサイト。
レスポンシブデザインの無料テーマが配布されています。

自由にサイトカラーを設定できるカメレオン機能が特徴!

コーポレートや飲食店向けWordPress無料テーマ MICATA

https://manualstinger.com/

MICATA

WING(AFFINGER5)のコーポレートサイトや店舗サイト向け無料ダウンロード版Wordpressテーマ。
前述のSTINGERはブログ向け、MICATAはホームページ向けという位置づけになります。

STINGERカスタマイズ用のWordPress無料テーマ Giraffe

https://junichi-manga.com/wordpress-theme-giraffe/

giraffe

人気の高いブログマーケティング専用WordPressテーマ「ストーク」の監修者による、STINGERのカスタマイズテーマ。
ワイドヘッダーやCTA(コールトゥアクション)機能、アドセンスの配置など、随所にこだわりが見られるテンプレートです。

クラウドテンプレートの姉妹版 オーツービジネステーマ

こちらのサイトにある製造者・製作者情報の詳細情報欄に記載のホームページURLをクリックすると、無料配布サイトに遷移できます。

オーツービジネステーマ

グローバルナビの【ワードプレステーマ】をクリック→「ワードプレス(WordPress)テーマ一覧」ページに遷移後に一番下までスクロールすると無料テーマの一覧が表示されます。

コーポレートサイト&ブログ向けのWP無料テーマ Xeory

https://xeory.jp/

Xeory

マーケティングメディア・バズ部が提供するコンテンツマーケティング向けWordPress無料テーマ。

内部SEO最適化済のシンプルなWP無料テーマ Simplicity

http://wp-simplicity.com/

Simplicity

内部SEO最適化済みのシンプルなWordPress無料テーマ。
このテーマもユーザー自身でのカスタマイズを前提として開発されています。

6種類のレスポンシブWordPress無料テーマ L-VIP

http://l-vip.info/

無料テーマL-VIP

商用利用やカスタマイズ後の再配布が可能である、6種類のレスポンシブ無料テーマが配布されています。
ただし著作権名/リンクの変更・削除禁止です。

プロの技が満載!有料の日本語WordPressテーマ一覧はこちら。

フレームワークに近いWordPress無料テーマ WSC8

https://www.studiobrain.net/12096

WordPress無料テーマWSC8

WSCプロジェクト(ワードプレステーマの開発や書籍を提供するプロジェクト)による無料テーマ。
ゴリゴリカスタマイズすることが前提であるフレームワークに近いテンプレートが多いです。

高速化に配慮されたWP無料テーマ Luxeritas Theme

http://thk.kanzae.net/wp/

Luxeritas

高速化に配慮された、ブログ向けの無料テーマ。

多機能AMP対応がなされているのは特筆すべきかと思います。
bootstrapによるレスポンシブや、アイコンなどのディテールもGoodです。

無料ブログスキン風デザインが豊富 ブログテンプレート.net

http://www.blog-text.jp/

ブログテンプレート.net

キャラクター・和風・キュート・クール・シンプル・ビジネス と豊富な種類の各種ブログテンプレートをダウンロード出来るサイト。
FC2ブログやlivedoorブログなどの無料ブログサービス用スキンっぽいデザインが多いです。

カスタマイズ前提の超シンプルテーマ gush

http://gush.naifix.com/

gush

カスタマイズしやすく設計された、超シンプルな無料レスポンシブWordPressテーマです。

WPtouch用の無料テーマも配布 Lovelog+

http://lovelog.eternal-tears.com/

Lovelog+

WEBブラウザ用・KtaiStyle(ガラケー向けプラグイン)用・WPtouch(スマホ向けプラグイン)用のテーマを配布。
「Theme’s Download」の各サムネイルからテーマを入手できます。

UnderscoresとSassで開発されたテーマ Celtis_s

http://celtislab.net/wordpress-theme-celtis_s/

gush

表示高速化に配慮された、シンプルでモダンな無料レスポンシブテーマ。
WordPressテーマ制作用フレームワークUnderscoresおよび、CSSメタ言語Sassをベースに開発されています。
2015年後半にリリースされたテンプレートです。

初心者向けのWP無料テンプレート Principle

http://wp-principle.net/

Principle

初心者向けのWordPress無料レスポンシブテーマ。
2015年前半にリリースされたテンプレートです。

2014年にリリースされたシンプルなテーマ WPMEMO basic2

http://wpmemo.netkatuyou.com/themes/3183/

WPMEMO basic2

ワイドディスプレイ向けレイアウトの、シンプルなワードプレス無料テーマ。
2014年にリリースされたテンプレートです。

2013年リリースのテーマを数多く提供 Broval OSS 研究所

http://www.broval.jp/oss/template/

Broval OSS 研究所

ページ中央にある wordpresテーマ【ダウンロードページへ】ボタンから、ワードプレスの無料テーマ一覧ページに遷移できます。
ただ、かなり多くの無料テーマが提供されていますが、2013年リリースのものが多いです。

ミニマルデザインのWP無料テーマ かちびと.net(Shotoku:β版)

http://kachibito.net/wordpress/shotoku.html

Shotoku

かちびと.netの中の人が制作されたミニマルデザインテーマ。
2011年リリースなので、かなり昔のテンプレートとなりますが、レスポンシブかつjQueryを使った可変グリットとなっています。

WordPress無料テーマ・3カラム版 koikikukan

http://www.koikikukan.com/archives/2007/02/05-000205.php

小粋空間

Web系情報ブログ「小粋空間」で配布されている、自分でカスタマイズして使用するのに向いているシンプルなテーマ。
初版リリースが2007年、最終バージョンが2012年リリースなので、相当昔のテンプレートとなりますが有名どころなので紹介。

超シンプルなブログ用のWP無料テーマ First

http://themehaus.net/ja/themes/first/

シンプルかつ柔軟なブログ向けWordPressテーマ First

あえて普通のブログを目指して作られた超シンプルなWordPressテーマ。

4つのウィジェット・3つのメニューを備えており、カスタムヘッダー・カスタム背景にも対応。
さらにカスタマイザーからはフォント・色・レイアウト・タイトル・ロゴなどの設定もできます。

日本語のおすすめWordPress無料テーマ記事のまとめ

以上、無料の日本語ワードプレステーマ配布サイトを紹介しました。

上記の中には、とても無料とは思えないハイクオリティなテンプレートもあります。
宝探し気分(?)でご覧になってみてください。

一方、有料のWordPressテーマには、フリーテーマには無いデザイン性や技術が満載です。
ぜひ有料の日本語WordPressテーマ一覧も、チェックしてみてください。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

flight