最初に導入しておきたい、おすすめの便利なプラグイン8選。

Date:2014/12/06 | Category:便利でおすすめなWPプラグイン紹介

誰でも簡単にスタートダッシュ!

ネット上に、あまたに存在するワードプレスのプラグイン。

その中には、サイトの構築時から必ずインストールしておいた方が良い便利なものがあります。

今日は上記に該当するプラグインを、分野別に厳選8つ紹介します。

セキュリティ向上用のプラグイン

セキュリティ対策プラグイン

備えあれば憂い無し!絶対に必要なプラグインを2つほど。

1.Akismet

Akismet

Akismetは、しつこいスパムコメントの ふるい分けと削除を自動的に行ってくれるプラグイン。

インストールしたワードプレスに、最初から搭載されています。

しかし、APIキーの発行などが必要なことから、きちんと有効にされていないケースも多い。

もし、あなたがAkismetを設定されていないのであれば、今すぐ以下の記事を参考のうえ、セットアップを行うことをお勧めします。
リストマーク http://worpre-lab.com/plugin/akismet/

2.Limit Login Attempts

Limit Login Attempts

ワードプレスにはログインのチャレンジ回数に制限がありません。

そのため、ブルートフォースアタック(=あらゆるパターンのID・パスワードを順番に試す解析攻撃)の格好の的になります。

Limit Login Attemptsはログイン数が一定数に達すると、そのIPアドレスに対して一定時間ロックをかけるプラグイン。

ぜひ導入しておきましょう。

その他、セキュリティ関係については、下記をご参照いただければと思います。
リストマーク http://worpre-lab.com/setup/security4/

SEO対策用のプラグイン

SEO対策用プラグイン

以下を設定するだけで大違い!
検索エンジン最適化のためのプラグインです。

3.All in One SEO Pack

All in One SEO Pack

SEO対策に有効である、以下の3つ(主な項目)を実行するプラグイン。

  1. 検索エンジンクローラー向けの、XMLサイトマップ作成・自動更新。
  2. 記事ごとのタイトル、ディスクリプション、キーワードの設定。
  3. フェイスブック用のOGPタグ、ツイッター用のTwitterカードタグの設定。

細かな設定方法については、バズ部さんの記事が、わかりやすくてオススメです。
リストマーク http://bazubu.com/all-in-one-seo-pack-23836.html

特に、XMLで記述されたサイトマップをGoogleウェブマスターツールに登録することは、SEO対策の大前提になりますので、必ず実行しましょう。

4.Broken Link Checker

Broken Link Checker

外部サイトに対する、リンクエラーがないか自サイト内をチェックし、発見した場合はダッシュボード等で通知してくれるプラグイン。

リンク切れは、SEOを考えた際の明らかなマイナス要因になりますし、訪問者への印象も良くありません。

サイトが成長してくると、意外な部分でリンク切れが発生しているケースも出てきます。

運営開始と同時に、このプラグインでチェックするクセをつけておけば安心です。

5.PuSHPress

PuSHPress

新規投稿記事のGoogleインデックスを早めてくれるプラグイン。

PuSHPressをインストールして、有効にするだけで何も設定する必要はありません。

これは、入れておくべきでしょう。

表示高速化用のプラグイン

表示高速化の為の画像処理用プラグイン

表示の高速化にはいくつかのポイントがありますが、プラグインで簡単に実現できるものに、画像処理があります。以下、2つ紹介です。

6.BJ Lazy Load

BJ Lazy Load

画像の遅延ロードを実装するプラグイン。

見える部分以外の画像読み込みを、javascriptを使ってわざと後回しにすることで、表示の体感速度向上を実現してくれます。

設定方法などは、下記をご参照ください。
リストマーク http://worpre-lab.com/plugin/bj_lazyload/

7.EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

画質を落とさないで、画像サイズを縮小する圧縮プラグイン。

特に大きなpngファイルは、重たいためブラウザ表示に負荷をかけます。

そのため、EWWW Image Optimizerをサイト開設直後から使っておいた方が良いでしょう。

その他、カスタマイズ用プラグイン

カスタマイズ用プラグイン

今まで紹介したものには属さない、多くの方にとって必要となるであろう表示カスタマイズ用のプラグイン!

8.Category Order and Taxonomy Terms Order

EWWW Image Optimizer

ワードプレスの投稿カテゴリや、カスタムタクソノミー(ユーザーがカスタム投稿用に追加した分類)は、デフォルトだと「数字→アルファベット→ひらがな→カタカナ→漢字」の順番で表示されます。

上記を好きな表示順に並べ替えてくれるプラグインが、Category Order and Taxonomy Terms Orderです。

最後に、、、

上記は、あくまで最初に入れておくべき、基本プラグインの位置付けです。

まだまだ、世の中には多くのプラグインがありますので、必要に応じてインストールし、最高のサイトに仕上げていっていただければと思います。

また、パン屑リストや、サイトマップ(ロボットではなくユーザー向け)、ソーシャルボタンは、サイトにとって必須となります。

ですが、しっかりしたテンプレートには、標準装備されていることが多いので、これらに関するプラグイン情報は省きました。

同様に、HTMLを制御するプラグインも、人によっては入れておくべきです。

しかし、ふだん使用するエディタが、ビジュアルなのかテキストなのかによって要・不要が分かれるため、省略していることをご了承ください。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags


Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply