おすすめの無料レンタルショッピングカート8つを徹底比較しました。

Date:2016/01/26 | Category:レンタルネットショッピングカート比較

ご紹介!無料ショッピングカートBEST8。

※2015年7月投稿、2016年1月最終更新。

近頃「費用をかけずにネットショップを始めてみたいが、どの無料システムが良いか?」というご質問を頂戴します。

そこで、今回はおすすめの無料ショッピングカートBest8を紹介しますので、ぜひご参考ください。

とはいえ、本気でネットショップを構築しようと考えた場合、無料のものはあまりオススメできません。

優れたサービスが増えているものの、しょせん有料サービスには及ばないですし、リスクが高いからです。(※詳細は後述します)

ですので下記の無料サービスは、あくまでネットショップ開業や運営のとっかかりとして、ご検討いただければと思います。

なお、本格的なショップをお考えの方は、こちらの「おすすめレンタルショッピングカートASP比較」ページを参照くださいませ。

目次:おすすめ無料レンタルショッピングカートBest8と特徴比較

※2015年1月時点の情報になります。なお BEST1〜8は、当サイトの調査に基づいたオススメです。

  1. BASE(商品登録数:無制限/独自ドメイン:○/総合バランス良し) 人気No.1
  2. easy myShop(商品登録数:無制限/独自ドメイン:○/FBやYahooとの連携可能) 人気No.2
  3. Stores.jp(商品登録数:5品無制限/独自ドメイン:×/簡単操作が魅力。) 人気No.3
  4. FC2ショッピングカート(商品登録数:無制限/独自ドメイン:×/広告出るのが△)
  5. ワイズカートZERO(商品登録数:100品/独自ドメイン:○/無料なのに電話サポート有)
  6. ShopStar(商品登録数:30品/独自ドメイン:○/少ない商品数ならオススメ)
  7. Jimdo(商品登録数:5品/独自ドメイン:×/ショップは「おまけ」の機能)
  8. ジュゲムカート(商品登録数:無制限/独自ドメイン:○/海外向けネットショップ専用)
  9. まとめ

1. BASE(ベイス)

BEST1 https://thebase.in/

デザイン設定や商品管理が簡単でわかりやすいことでメジャーな、無料ネットショップサービス。

商品登録数が無制限、独自ドメインOKですし、アクセス解析が充実しているため、かなりおすすめです。

決済機能は、「クレジット・PayPal・コンビニ・銀行振込・代引」などが可能。

決済手数料は、クレジットとコンビニ決済の場合に3.6%+40円が発生します。

もっとも、無料ショッピングカート全般に言えることですが、あくまで小規模個人販売向けになります。

中規模以上のネットショップをお考えの場合は、有料レンタルカートASP一覧からご検討いただくことを推奨します。

2. easy myShop(イージーマイショップ)フリープラン

BEST2 http://www.easy-myshop.jp/

無料で本格派ネットショップが開業できるサービス。

商品登録数が無制限、独自ドメインOKですし、Yahooショッピング連携やGoogleショッピング連携が可能なことが魅力です。

決済機能は、「クレジット・PayPal・コンビニ・銀行振込・代引・Yahoo!ウォレット」などになります。

決済手数料はフリープランの場合、クレジットとコンビニ決済の場合に5.0%+40円が発生します。

3. STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)無料会員

BEST3  https://stores.jp/

最短2分でオンラインストアが作れる、簡単ネットショップ構築サービス。

プロによる商品撮影サービス、商品保管・発送代行、集荷依頼、ストア名刺の作成といった運営に関するサービスが充実しており、先に紹介したBASE同様メジャーなショッピングカートです。

ただし無料会員の場合、登録可能商品数が5品までと少ないことがネックとも言えます。
(※)無料会員に設けられていた登録制限が撤廃され、無制限で商品登録可能となっています。

決済機能は、「クレジット・コンビニ・銀行振込・代引」となります。

決済手数料はクレジット・銀行決済の場合に、5.0%発生です。

4. FC2ショッピングカート

BEST4  http://cart.fc2.com/

老舗のネットショップ構築、ショッピングカートサービス。

テンプレートの数が充実、HTML・CSSの編集も可能なため、デザインの自由度が高いことが特徴と言えます。

また、FC2ショッピングモールへの無料出店や、決済代行会社(イプシロン、ZEUS、IPS、CREDIX、PayPal)の選択制など魅力的なサービスですが、無料コースだと広告が出力されてしまう(この辺りは無料ブログと同様です)ことがデメリットかもしれません。

決済機能は、「クレジット・コンビニ・銀行振込・代引・郵便振替」となります。

決済手数料はどの機能を選択するかで異なりますが、おおむね4.0%前後発生します。

5. ワイズカートZERO

BEST5  http://promotion.wisecart.ne.jp/zero/

無料ショッピングカートにもかかわらず、電話サポートがついているネットショップ開業サービス。

有料ショッピングカートASPとして老舗であるワイズカートが提供していますので、ショップの構築に必要な機能は一通り揃っています。

また、決済手数料が3.28%と低めなことも魅力的ですが、無料コースの場合販売手数料が別途3%かかる点に注意が必要です。

決済機能は、「クレジット・コンビニ・銀行振込・代引・郵便振替」などになります。

6. Shop Star(ショップスター)フリープラン

 BEST6 https://www.shop-star.jp/

レンタルサーバーで有名なネットオウル社オウルが提供する、幅広い形態に対応可能なネットショップ開業サービス。

本格的にデザインがカスタマイズ可能なことが魅力ですが、フリープランの場合、商品登録数30品までの制限があります。

決済機能は、「クレジット・PayPal・コンビニ・銀行振込・代引」などです。

決済手数料はフリープランの場合、クレジット決済の場合に5.0%が、クレジット決済の場合に216円が発生します。

7. Jimdo(ジンドゥー)

BEST7  http://jp.jimdo.com/

直感的な操作で簡単にサイトを作成できる、いわゆるWebサイトビルダー。

このサービスに、ショッピングカート機能が付随しています。

ただし、無料版は「商品登録数5品まで、決済はPayPalのみ」なため、ショップ機能としては弱いと言わざるを得ません。

あくまで通常Webサイトが主体 + ちょっとショップ機能を足したい方向けのサービスとなります。

8. Jugem Cart(ジュゲムカート)

BEST8 http://ja.jugemcart.com/

人気の有料ショッピングカート・カラーミーショップの姉妹サービスである海外販売専門の無料ネットショップ作成システム。

PayPal決済やクレジット決済が利用でき、22種類の通貨に対応。

ただし、販売手数料が10%かかってしまいます。

とはいえ、海外販売向けの本格サービスを検討中の方は、ぜひチェックされてみてください。

まとめ

以上、無料のレンタルショッピングカートサービスをご紹介しましたが、結局どれが良いのかわからないという方は、サービス内容・会員数が急成長し注目されている「BASE」をチェックされるのが吉だと思います。

ただし、冒頭でも触れましたとおり、無料サービスは有料サービスのような「顧客管理・メール配信・細かいカテゴリー分け」などの機能が無いですし、リスクも高いです。よって、本格的なショップ構築には不向きでしょう。

例えば、2014年に無料ネットショップ構築サービス「ZEROSTORE」がいきなりサービス終了したようなリスクがあるわけです。

無料サービスの急な打ち切りについては、同業種に身を置いている者として痛いほど理解できます。

会員数が増えれば増えるほど、運用体制の強化やインフラのスペック向上が必要になり、赤字が膨らむからです。

それでも無料会員を増やす理由は、近年のIT・Web業界で言えば、大きな資金調達を狙ってのことが多いでしょう。

誤解を怖れず言ってしまえば、会員数○○万人という数値を餌に出資してもらうわけです。

ただ、その資金調達に失敗することもあります。

すると、、、プロジェクト単体として採算の見込めない無料サービスは即打ち切りという運びになってしまうわけです。

長くなりましたが、無料のレンタルカートは上記のリスクを見込んでおく必要があり、本格的なショップを構築する場合には、こちらの有料カート一覧などを検討された方が安全かと思います。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

Comment(s)

  1. Rina より:

    STORES.jpのフリープランを使用しているのですが、2014年10月下旬より、商品登録数の制限はなくなっています。公式サイトのプランの比較が未だに修正されていないようですね。


Leave a Reply