クリック率を上げる、リンク・広告配置の効果的なセオリー。

Webで収益を生み出す公式とは??

あなたがどんな形態のサイトを運営していようと、キャッシュポイントがどんなものであろうと、ゆるがない公式があります。

それは、

Webから発生する収益=
アクセス数 × 狙ったところへのクリック率

というもの!

そして上記のうち、クリック率に大きく影響するのが、広告やリンクの配置になります。

これは良くない!広告やリンクの配置における2つの間違い。

ダメ!広告は位置における2つの間違い。。。

クリック率を上げる配置法を押さえる前に、まずは良くある間違いを見てみましょう。

あなたは、以下の二つに当てはまっていませんでしょうか??

間違い1:とりあえずサイドバーのみ貼っておく。

たまに、サイドバーの上部にポツポツと広告を貼っているサイトを見かけます。

ですが、検索してたどり着いたページのサイドバーなんて、きちんと見ますでしょうか??

きっと見ないですしし、もし見たとしてもたまにだと思います。

たぶん、サイドバー上部に広告を貼っているサイトは、大手ポータルの真似をしているのかもしれません!

しかし、大手がそこに広告を貼っているのは、直接収益よりもブランディングやイメージを大切にしているから。

収益力を上げるには、大手のセオリーは無視して、確実に目に留まり、ウッカリも含めてクリックされやすい位置に配置すべきです。

間違い2:大きく目立つバナーをヘッダーに貼る。

とにかく大きくて目立つバナーを、ヘッダーに貼るのが良い。と考えている方がいます。

特に、情報商材系の初心者アフィリエイターに多いようです。

ですが、残念ながらこれも間違いと言わざるを得ません。

押し付けがましい広告は、心理的に無視されるからです。

以上まとめると、サイドバーとヘッダーへの広告やリンクの配置は、クリック率を上げるのに得策ではないということになります。

では、どこに配置するのが良いのでしょうか?

クリック率を上げる広告配置のセオリーに基づく2カ所!

Web広告配置のセオリーは2カ所

いよいよ、広告やリンクのクリック率を上げる(=収益力を上げる)配置方法のお話しです。

セオリー1:記事の真ん中にとけ込ませるように配置。

記事コンテンツの真ん中あたりにポツンと広告を貼っておくと、たぶん流し読みで飽きたっぽいユーザーの出口(つまり広告をクリック)になり、クリック率が上がります。

これは特に、テキストリンクの場合に顕著です。

ですが、この場合のクリックだと、その後のコンバージョン率はあまり高くありません。

要するに「クリックはしてくれるが、飛び先において商品を買ってくれない」という状況が発生しやすいのです。

なので、クリック課金の広告や、クッキー狙いのアフィリエイターの方に向いている配置方法だと言えます。

セオリー2:記事末に、関連商品の広告を配置する。

記事コンテンツの最後に貼られた広告やリンクは、かなりクリック率が高い傾向にあります。

最後まで読んでくれた人が「他のページも見るか、離脱するか」を無意識で決めようとしている瞬間に、広告が目に入るからです。

また、この配置の仕方は、最もコンバージョン率が良い傾向にあります。

そのため、飛び先の商品やサービスをしっかり購入して欲しいという方向けの配置法になります。

まとめ。

広告をサイドバーやヘッダーに置くか、文中や文末に配置するかによって、クリック率が全然変わってくることは、私自身体験していますし、何よりも解析結果の数字が物語っています。

ちょうど解析の話が出ましたが、クリック率を上げたいなら、サイトのアクセス解析は必須です。

あとひとつ一つの広告ごとの解析も行ってください。

これによって、あなたのサイトにおける、最適な広告位置を常にテストし続けられるからです。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply