UIデザイナーの私が選ぶWordPressのおすすめテーマ【8種類を厳選】

『ビジュアルにこだわりたいので、初心者でもオシャレなサイトが作れるWordPressテーマを探しているが、結局どれが良いのか分からず悩む…。なのでデザイナー目線からカッコ良いと思える、おすすめのテーマを教えて欲しい』

私、塩川も昔はそこで悩んでいたことがありました。
なので、このような悩みを解消するための記事を用意しました。

記事を書いた私のプロフィールは以下です。

WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介 WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介

開発会社に務める前は、Web制作会社およびフリーランスのWebデザイナーをしており、今まで本当にたくさんのWordPressテーマを触ってきました。

この記事では上記の経験から『初心者でもカッコ良いホームページやブログが作れるWordPressテーマ8選』をご紹介。後半では初心者の方に役立つWordPressテーマそのものに関する解説をちょっと加えています。

なお当サイトのデザインは、初心を忘れないよう、あえて駆け出しの頃に作成したままにしています。
※そのため、今時レスポンシブデザインですらありません

よって、これから紹介するWordPressテーマは、当サイトよりも遥かにオシャレなものばかりですのでご安心ください!

ビジュアルにも力を入れたWordPressテーマをお探しの方にとって、流し読みでも有益なはず。
ぜひ最後まで目をお通しいただき、気になったものがあればデモサイトを覗いてみていただけると幸いです。

【結論】UIデザイナーの私が選ぶ、WordPressテーマ【おすすめ8選】

下記の8つ。ホームページ型のものとブログ型のものに分けてますが、かなりオシャレなのでビジュアル重視の方に満足いただけるはずです。

ブロガー向け、ブログ型のデザインが優れたWordPressテーマ
テーマ/サービス名 特徴 確認
THE THOR 高速でSEOに強い 無料でデモを確認
DIVER アフターフォロー充実 無料でデモを確認
AFFINGER5 収益化の仕組み充実 無料でデモを確認
STILE ポップでお洒落 無料でデモを確認
STREETIST スタイリッシュ 無料でデモを確認
企業や店舗などのホームページ型のデザインが優れたWPテーマ
テーマ/サービス名 特徴 確認
TCD 業種別が豊富 無料で一覧を確認
isotype ミニマルデザイン 無料で一覧を確認
Emanon 中小企業向け 無料でデモを確認

上記のとおり。

なお業種目的別に美しいデザインのテーマを数多く提供しているTCDについては、全テーマを書ききれないため、以下にて全種類を紹介しています。

美しいフォントとミニマルデザインが特徴であるisotypeのラインナップについても同様です。

ブロガー向け、ブログ型のデザインが優れたWordPressテーマ

これからブログ始めますって方で『デザインにもこだわりたい』という場合、以下をチェックしてみるのが良いと思います。

THE THOR【高速でSEOに強い】

THE THOR【高速でSEOに強い】

日本で最高峰のサイト表示スピード対策が図られているWordPressテーマ。

スタイリッシュ系デザインのデモサイトが用意されており、着せ替え機能でデモサイトさながらのデザインを割と簡単に表現できます。

主な特徴は以下のとおりです。

  • スタイリッシュなデモサイトを簡単に着せ替えできる
    ※着せ替えするとカスタマイズ設定が初期化されます
  • 『AMP・PWA』『Gzip圧縮・ブラウザキャッシュ』などの高速化技術満載
  • 複数条件検索(絞り込み条件検索)が可能な「スマート検索機能」を搭載
  • 価格:16,280円(税込)

私も別サイトでこのTHE THORを使っていますが、ステマ無しで良い感じです。

デザインがカッコ良くてSEOにも強かったら、やはり嬉しいですよね。

とりあえずデザインが整っているだけの格安テーマで満足な方にはオススメできませんが、本気でブログで稼ぎたい方にこそ、このTHE THORを確認いただくことを切実にオススメします。

また、デモサイトのチェックは以下から行えますのでどうぞ!

無料で『THE THOR』のデモサイトを確認する

DIVER【アフターフォロー充実】

DIVER【アフターフォロー充実】

バランスの良いデザインが簡単に作成できることで人気のWordPressテーマ。

サポートやその時代に合わせたテーマのバージョンアップといったアフターフォローがしっかりしているので安心。

特にサポートについては、リアルに評判が良いです。

主な特徴は以下のとおりです。

  • 直接のメールサポートが無期限・無制限で利用可能、対応が迅速で丁寧
  • WordPress自体のバージョンアップやGoogleの動向に合わせたアップデートが素早い
  • 文章装飾用の入力補助機能が便利、カスタマイザーが使いやすい
  • 価格:17,980円(税込)

しっかりサポートを受けつつ『いつまでも安心して使い続けたい』という方は、以下をご確認いただくのが吉かと。

無料で『DIVER』のデモサイトを確認する

AFFINGER5【収益化の仕組み充実】

AFFINGER5【収益化の仕組み充実】

稼ぐことに特化して開発された、アフィリエイトブロガーに人気のWordPressテーマ。

デザイン済みデータが配布サイトがあり、このデータをカスタマイザーからインポートすることが可能です。

初心者の方は、上記を活用すると短時間に良い感じのブログが作成できるでしょう。

主な特徴は以下となります。

  • SEO対策と広告収入UPの機能が充実、アフィリエイターに人気
  • 初期バージョンが2012年に公開されていて歴史がある
  • 記事装飾パーツやショートコードも豊富で使いやすい
  • フル機能を使うにはAFFINGER PACK3(39,800円)が必要
  • 価格:14,800円(税込)※AFFINGER5テーマの価格です

サイトやブログのサンプル例(デモ)は、以下からご確認いただけます。

無料で『AFFINGER5』のデモサイトを確認する

また『AFFINGER5』は、同様に歴史が長くアフィリエイトブロガーに人気のWPテーマ『賢威』と比較されることも多いです。具体的には下記の記事をどうぞ。

STILE【ポップでお洒落】

STILE【ポップでお洒落】

先に紹介した3つのWordPressテーマとは打って変わって、ポップなデザインのWordPressテーマ。

自由自在にデザイン・カラーをカスタマイズできるのが、長所です。

主な特徴は下記のとおり。

  • 今時のブログらしいポップなデザイン、カスタマイズも自由
  • ブロックエディタ(Gutenberg)対応
  • 記事装飾機能や便利なショートコードを多数搭載
  • サイトの高速化やSEOへの考慮も良い感じ
  • 価格:14,300円(税込)

ブログらしいブログ(ポップでお洒落)を作成したい方にオススメとなります。

無料で『STILE』のデモサイトを確認する

STREETIST【スタイリッシュ】

STREETIST【スタイリッシュ】

先に紹介した『STILE』の姉妹版WordPressテーマですが、こちらはめちゃくちゃスタイリッシュなデザイン。

アニメーションもふんだんに使われており、クールな感じのブログを手にしたい方に最適です。

主な特徴は下記です。

  • スタイリッシュなデザイン、アニメーションでグリグリ動く
  • ブロックエディタ(Gutenberg)対応
  • 記事装飾機能や便利なショートコードを多数搭載
  • サイトの高速化やSEOへの考慮も良い感じ
  • 価格:14,300円(税込)

人と違うデザインで差別化したい方にオススメなWPテーマです。

無料で『STREETIST』のデモサイトを確認する

企業や店舗などのホームページ型のデザインが優れたWPテーマ

企業や店舗、ギャラリーなど、普通のブログとは違う目的のサイトを作りたい。そしてビジュアルにもこだわりたい方は、以下がオススメですのでご確認ください。

TCD【業種別が豊富】

TCD【業種別が豊富】

業種目的別のWordPressテーマを数多く提供しているサービス。例えば以下のとおり。

コーポレートサイト向け、ECサイト専用、飲食店向け、美容サロン向け、和風デザイン、会員サイト構築専用、ポートフォリオ向け、Webメディア向け、士業サイト向け

またデザインの美しさは、ぶっちゃけ日本一だと思います。

主な特徴は下記のとおりです。

  • 業種・目的別のサイトが豊富、その業種に合わせた機能も搭載
  • デザインの美しさが日本製テーマで最高峰
  • 価格はテーマによって違う ※ECなど特殊な機能付きだと高め
  • 価格:8,980円〜49,800円(税込)

TCDのWordPressテーマの一覧は、別記事にてまとめています。ご参照くださいませ。

TCDのテーマ一覧を確認する

isotype【ミニマルデザイン】

isotype【ミニマルデザイン】

目的別のWordPressテーマを数多く提供しているサービス。例えば以下のとおり。

一番の特徴は無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインと自然なアニメーションですね。

主な特徴ですが、以下のとおり。

  • 目的別のサイトが豊富、ビジネス系や店舗系など
  • ミニマルデザインとアニメーション、パララックスが魅力
  • 価格はテーマによって違う
  • 価格:10,800円〜27,000円(税込)

isotypeのWordPressテーマは、下記にまとめましたので参考にどうぞ。

isotypeのテーマ一覧を確認する

Emanon【中小企業向け】

Emanon【中小企業向け】

中小企業・個人事業主向けに提供されている集客に強いWordPressテーマ。

コーポレートっぽいカチッとしたデザインがポイントです。

主な特徴ですが、以下のとおり。

  • 信頼感が増す、奇をてらっていない王道のデザイン
  • CTA機能とLP作成機能がウリとなっている
  • テーマは4種類(無料あり)、価格は種類によって違う
  • 価格:9,800円〜27,800円(税込)

王道のビジネスサイトをお考えの方は、一度デモサイトを確認されると吉だと思います。

無料で『Emanon』のデモサイトを確認する

まとめ:デザインをゴリゴリとカスタマイズするのは割と無益です

以上、私のUIデザイナー・Webデザイナーとしての経験からオススメできるWordPressテーマ8つをご紹介しました。

最後にメッセージというか、初心者の方がはまりがちな注意点を紹介します。
それは『無料のWPテーマとか格安のテーマを無理くりカスタマイズするのは、ぶっちゃけ無益ですよ』というものです。

なぜなら、圧倒的に時間を無駄にしてしまうからです。

確かに『できることなら安く済ませたいから、自分でカスタマイズしてやろう』という気持ちは分かります。実際、私も昔はそうでした。

でも当時、明らかに時間がかかり過ぎました。
『その時間でコンテンツ作った方が絶対に有益だよ』と、過去の自分に言ってやりたいです!

なのでビジュアルにこだわりたい場合は、きちんとしたWordPressテーマに投資しましょう。

それなりの価格がするものはデザインのみならず、機能面も充実しているものが多いです。
ちゃんと戦略を持って使えば、きっと近い将来により大きくなって、あなたの元に返ってくるはず。保証します。

ブログ型のデザインが優れたWordPressテーマ
テーマ/サービス名 特徴 確認
THE THOR 高速でSEOに強い 無料でデモを確認
DIVER アフターフォロー充実 無料でデモを確認
AFFINGER5 収益化の仕組み充実 無料でデモを確認
STILE ポップでお洒落 無料でデモを確認
STREETIST スタイリッシュ 無料でデモを確認
ホームページ型のデザインが優れたWPテーマ
テーマ/サービス名 特徴 確認
TCD 業種別が豊富 無料で一覧を確認
isotype ミニマルデザイン 無料で一覧を確認
Emanon 中小企業向け 無料でデモを確認

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

Comment(s)

  1. shino より:

    これからブログをはじめようと考えています。日本語が美しく表現されることを必須と考えていますが、
    1.海外の有料テーマではこの点が配慮されていないため、日本のテーマを推奨されますか。なお英語で指示を読むこと自体には問題はありません。
    2.ご紹介いただいたテーマから一つ選ぶとして、これらのテーマでサイトを作っていく場合、次のステップとしてどのような準備が必要なのでしょうか。drag and drop など直接操作可能だという Elementor Pro などのプラグインを入れてページ作りをするべきかと考えていますが、相性などについて教えてください。

    • コメントいただき、ありがとうございます。
      ご質問の件を回答させていただきます。

      ■日本語の美しさについて

      次の2つのどちらかをおススメします。
      ①日本語のテーマを選ぶ
      ②海外のテーマを選んだうえで、プラグイン『Easy Google Fonts』を使って『Noto Sans JP』などのフォントを適用する
      https://ja.wordpress.org/plugins/easy-google-fonts/

      ■本記事のテーマを選んだ後のステップについて

      もし、サーバーを借りたりWordPressのインストールが未済の場合、下記の記事をご参照ください。
      https://web-asset.net/affiliate-blog-start/

      上記が完了している場合、以下になると思います。
      ①ブログの完成形のイメージを作る(他ブログを参考に)
      ②カスタマイザーを使ってイメージに近いデザインを作る
      ③記事の執筆開始

      ■Elementor Proについて

      仮に本記事で紹介しているテーマをお選びいただいた場合は、Elementor Proは不要と思います。カスタマイザーが充実しているからです。

      一方で、Elementor Proをご使用される場合、紹介しているテーマとの相性はあまりよろしくありません。
      一般的に、見たまま編集用プラグイン(=Elementor Pro)と、機能が豊富なテーマ(=本記事紹介のテーマなど)は、干渉してしまうことが多いためです。

      以上、ご参考いただけますと幸いです。


Leave a Reply

flight