プロが選ぶ!ランディングページ用WPテーマ・テンプレートBEST8。

Date:2015/10/31 | Category:おすすめ有料テンプレート・テーマ紹介

LP制作に自信はありますか?

私は会社で、毎日HTMLとCSSと書いています。

また、週の半分くらいはPhotoShopなどでUIデザインを作り、それ以外の日はJavascriptを記述し、たまにPHPを書きます。

このような類の人種にとって、LP(ランディングページ)をWordPressで作ることにあまりメリットはありません。

パッとデザインをつくって静的HTMLページとしてコーディングした方が、むしろ速いからです。
(∗コピーライターでは無いため、文章作成に時間はかかりますが。。。)

一方、サイト制作に慣れていない方にとって、LPをWordPressで作ること、特にデザイン素材がパックになっているLP用テーマを使用することには、大きなメリットがあります。

ランディングページをWordPressで作るメリットとは?

スバリ言います。以下のメリットです。

「初心者でも直感操作で簡単に作れること」

ランディングページには独特のレイアウト組みや、ヘッダーや見出しなどのデザイン作成が不可欠になります。

上記を経験のあまり無い方がイチから行うと、かなりの労力や時間を要することになるでしょう。

その点WordPressならブログ感覚で記載することができますし、LP専用テーマを使えば独特なレイアウト編集も簡単。
さらにイメージ素材がパックになっているものを選んだ場合、デザイン制作という壁も難なくクリアーできるわけです。

今回はプロの視点に立って、LP制作が手早く簡単にできる日本と海外のWPテーマを厳選。
その上で、自分が初心者だった頃の感覚を思い出しながら、日本製BEST4&海外製BEST4として整理しました。

目次:プロが選ぶ、ランディングページ制作用WPテーマBEST8。

※2015年10月時点の情報となります。なおBEST8は、当サイトの調査に基づいたオススメです。

日本製のLP(ランディングページ)向けWordPressテーマBEST4。

直感的にサクサクとLP制作ができる、国産ワードプレステンプレートを厳選。
後半で海外テンプレートも紹介しますが、Web初心者の方、英語に抵抗のある方、日本風のデザインを好む方には国産がおすすめです。

では、早速まいりましょう。

LPテンプレートクリエイティブパック「Colorful」

 日本製 BEST1パズル感覚でLPを作成、デザインパーツも充実。

最短わずか3分でセールスレターページを作成できるワードプレステンプレート。

パッケージになっている画像素材を選びながら、パズルのように組み立てられるのでWeb初心者の方に打ってつけです。

また、オプトインページ用の登録フォームやカウントダウンタイマーなど、LPで良く使用されるモジュールも内臓されています。

Colorful の詳細はこちら

次世代型WordPressホームページテーマ エッジプラス1

 日本製 BEST2たくさんのLPを、素早く美しく制作できる。

ランディングページおよびランキングサイト作成用のアフィリエイター向けWordPressテーマ。

基本テーマを選択後、見たまま編集画面にてカスタマイズしガシガシとLPを作ることができます。

ペッダー画像やパーツ画像は、Webデザイナーが制作した素材が随時追加され、好きなように使用可能。

CSVインポート機能を使って500ページ超を一気に作成可能である、まとめてLP作成機能もついています。

エッジプラス1 の詳細はこちら

レスポンシブ対応WordPressテーマ Grazioso

 日本製 BEST3iPhone公式サイト風の美しいLPを制作。

CSSフレームワーク・jQuery技術を駆使した、レスポンシブ1カラムWordPressテーマ

ランディングページ専用ではありませんが、シンプルな1カラムデザインは、LPに打ってつけと言えます。

また、アニメーションやパララックス効果を、ウィジェットに設定できることが特徴。

海外風の最先端デザインLPを、日本語環境で構築したい方にピッタリのテンプレートです。

Grazioso の詳細はこちら

LP Designer

 日本製 BEST4  オーソドックスなテーマ+LP専用機能。

通常のブログやホームページの運営をしつつ、LP作成機能を使ってランディングページの作成が可能なテンプレート。

ですので、3カラムや2カラムのサイトと、ナビゲーション無し1カラムのLPの両方に使えるワードプレステーマをお探しの方向けになります。

ちなみに、ヘッダー画像等は付属していません。

LP Designer の詳細はこちら

海外製のLP向けWordPressテンプレートBEST4。

最先端のデザインやJavascriptギミックなどが魅力的な、海外ランディングページ用テーマ。
一方で、1.英語の解説文を読み解く。2.日本語フォントにすると印象が変わることを考慮する。このような2点に対処する必要があることに要注意!

あくまで、海外テーマの中では初心者向けですが、日本製と比較するとすべて中級者向けになります。

Delicious – Responsive App Landing WordPress Theme

 海外製 BEST1クリーンでモダンなLPを作成。

クリーンでモダンなデザインのLP向けワードプレステーマ。

アプリ販売用ランディングページデザインですが、さまざまな商材に使用可能です。

CSSフレームワークbootstrapによるグリットレイアウトにより、完全レスポンシブ対応がなされています。

3色のベーシックカラーから、ベースとなるテンプレートを選択するタイプです。

Delicious の詳細はこちら

Salbii – Responsive Multi-Purpose WordPress Theme

 海外製 BEST2LPを際立たせる最新技術のオンパレード。

アニメーションはもちろん、パララックスやVideo埋め込みなどの技術が詰め込まれたWordPressテーマ。

ドラック&ドロップ編集で、ガシガシ制作することができます。

英語の説明をスラスラ理解できない方には、使いこなすのが少し困難かもしれません。

Salbii の詳細はこちら

Landy – Clean & Sleek Landing Page Theme

 海外製 BEST3スムーズスクロール対応のナビが特徴。

スムーズスクロール対応のナビゲーション設置が可能な、LP用WordPressテーマ。

アプリ販売用ランディングページデザインですが、さまざまな商材に使用可能かと思います。

Landy の詳細はこちら

Ray – App Responsive WordPress Theme

 海外製 BEST4  複数のLPデザインから選択可能。

複数のLP用WordPressテーマが、パッケージになったタイプです。

モバイルアプリ販売用ランディングページデザインが主ですが、さまざまな商材に使用可能。

Ray の詳細はこちら

この記事のまとめ。

以上、ランディングページ作成に便利なWordPressテーマを紹介しました。
最後に内容をまとめさせていただきます。

  • LPを直感的にサクサク作れることが、専用WordPressテーマのメリット。
  • 画像素材もパックになっていると、さらに制作が簡単ではかどる。
  • 上記を満たしてるColorfulなら、最短3分で本格LP制作可能。
  • またLP以外に比較サイトなども作りたい場合は、エッジプラス1が便利。
  • 海外製テーマは最新デザインや技術が魅力的だが、中級レベル向け。

ランディングページの成果は「コピー + デザイン」で決まります。

この点、今回ご紹介したテーマを選択いただければ、デザイン面はバッチリになること請け合いです。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする
  • Google+で共有する

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply