【集客に強い】建築系企業・設計事務所向けWordPressテーマ3選

『建築系企業・設計事務所の公式サイトを作って集客したい』

『スタイリッシュな雰囲気のWordPressテーマを見つけたい』

『簡単に作成でき運用しやすいWordPressテーマが欲しい』

こんな要望にお応えします。

さて、記事を書いた私ですが、こんな人間です。

  • 集客用CMS開発会社のUIデザイナー兼Webエンジニア
  • 各種CMSのホームページテンプレートを数多く研究
  • 個人としては2009年よりWordPressを趣味としている

実は、この記事で紹介する『3つの建築系企業・事務所サイト向けテーマ』をご覧いただくと、あなたの集客に最適なWordPressテーマを見つけられます。

なぜなら、上記の経験による知見から厳選したテーマを紹介・解説していくためです。

この記事では、厳選3つの建築系サイト向け有料テーマを実例付きで紹介し、よくある質問にも回答しました。
さらにおまけとして2つの無料WPテーマも紹介しています。

記事を読み終えると、集客に強くて運営も楽な建築系ホームページを手にすることができます。

【結論】建築系サイトに最適なWordPressテーマは以下の3つです

下記の表のとおりです。

建築系企業・設計事務所向けのWordPressテーマ
テーマ名 特徴 価格(税込)
UNIQUE 建築設計事務所向き 12,980円
MONOLITH オーソドックス 12,980円
VOGUE 企業ブランディング向き 19,800円

各々、詳細をご紹介します。

建築設計事務所向けのデザインが洗練されたWordPressテーマ UNIQUE

クリエイターやデザイン会社向けに開発されたWordPressテーマ『UNIQUE(ユニーク)』。

ポートフォリオの機能が充実しており、建築デザイン事務所・設計事務所にもピッタリです。

以下が主な特徴です。

  • インパクトのあるトップページヒーローヘッダー
  • 敷き詰められたクリーンなグリッドレイアウト
  • トップページと連動できる『ポートフォリオ機能』
  • スタイリッシュな『制作実績ページ』
  • 手順通りに進めるだけでデモサイトレベルが完成
  • 直感操作でレイアウトページを作れるページビルダー
  • 価格は税込【12,980円】

『UNIQUE』の詳細・デモを確認する

下記がUNIQUEの制作事例です。

『UNIQUE』が使用されたサイト事例:【高山秀樹建築設計事務所】

http://hideki-takayama.jp/

UNIQUEによる建築関連サイトの制作事例

建築家の方の設計事務所ホームページですね。
制作実績の写真をショーウィンドウのように掲示できるというUNIQUEの特徴が伝わるサイトとなってます。

UNIQUEのさらなる詳細やデモサイトは、公式サイトにてご確認ください。

『UNIQUE』の公式サイトはこちら

建築関連企業に最適!オーソドックスなWordPressテーマ MONOLITH

建築系企業のコーポレートサイトを洗練させることをコンセプトに開発されたWordPressテーマ『MONOLITH(モノリス)』。

建築デザイン企業、インテリアデザイン企業、不動産デベロッパー企業のサイト作成に最適となっています

主な特徴は下記のとおりです。

  • 余白たっぷりのミニマルちっくなデザイン
  • 4つのコンテンツが緻密に整列するトップページヘッダー
  • 施行事例掲載に最適なカスタム投稿タイプ『プロジェクト』
  • スマホ表示に最適化されたモバイルファーストデザイン
  • 価格は税込【12,980円】

『MONOLITH』の詳細・デモを確認する

で、具体的な制作事例は以下となります。

『MONOLITH』による建築関連サイトの制作事例:【合同会社エークリエイト】

https://acre8.jp/

MONOLITHによる建築関連サイトの制作事例

建築パース・CGパースの制作会社のホームページ。不動産・建築向けのVR制作などを手がけているようです。
『MONOLITH』の機能をうまく活用して、過去の制作事例をスタイリッシュに掲示してます。

流行りのWebチャット機能(MONOLITHの機能ではありません)も導入しているようです。

MONOLITHの詳細やデモサイト確認は以下からどうぞ。

『MONOLITH』の公式サイトはこちら

建築系企業のブランディングに適したWordPressテンプレート VOGUE

建築・不動産企業のブランディングサイトに適したWordPressテーマ『VOGUE(ヴォーグ)』。細やかな技術と表現が随所に散りばめられています。

『VOGUE』の機能のうち、主なものは以下のとおりです。

  • インパクト大のスプラッシュページ機能
  • 動画&画像の組み合わせが可能な四分割ヒーローヘッダー
  • 企業ブランディングの要となるスタッフ紹介ページ
  • 初心者でも自由なレイアウトを作成可能なページビルダー
  • 手順通りに進めるだけでデモサイトレベルが完成
  • スマホ表示に最適化されたモバイルファーストデザイン
  • 資料請求や問い合わせ増加に有効なフッターCTA
  • 価格は税込【19,800円】

『VOGUE』の詳細・デモを確認する

『VOGUE』を使った建築系企業ホームページの事例

実際に使用されているホームページを2つほど紹介します。

宇都宮の外構工事『小河原産業(株)』

https://www.ogawara-industries.co.jp/

VOGUEを使った事例 小河原産業(株)

エクステリア空間(住宅の外観)を演出する外構工事企業のホームページ。

ロゴがカッコいいので『VOGUE』のスプラッシュページ機能が映えるサイトですね。
グリットエリアの使い方もスタイリッシュですし、固定フッターCTAもGood!。

『VOGUE』をインストールするとどんなサイトが出来上がるのか?が良く伝わる事例だと思います。

注文住宅工務店による情報サイト『クレドホームクラブ』

https://www.credo-h.jp/

VOGUEの制作事例 クレドホームクラブ

こちらは注文住宅工務店のサイトです。
下層ページの随所にポップな画像が使用されているため、先ほどの事例とはけっこう雰囲気が違ってますね。

VOGUEの詳細は公式サイトにてご確認ください。

『VOGUE』の公式サイトはこちら

【よくある質問】建築系企業・設計事務所サイトの集客ポイント

3つのよくある質問に回答します。

どのようなコンテンツを掲載するのが効果的ですか?

結論、以下の2つです。

  • 経営者の人柄やスタッフの実力が分かるコンテンツ
  • 過去の施行事例が分かるコンテンツ

他にも色々あるとは思いますが、この2つは必須です。

あと施工事例の写真にはこだわった方が良いと思います。

ホームページ運用で気を付けるべき点は何でしょうか?

ズバリ!常に最新の情報を掲載することです。

建築系に限らず『サイトを作ったものの、そのあと放置』は本当にもったいないです。

検索からのアクセスを増やすポイントは何ですか?

奥が深く様々なポイントがありますが、もっとも基本的かつ必須の項目は下記の2つです。

  • タイトルに検索キーワードを含める
  • 分かりやすいディスクリプションを記載する

他にも色々あるとは思いますが、この2つは必須だと思います。

【おまけ】建築系サイト向けの無料WordPressテーマを2つ紹介

『どうしても有料テーマは嫌!無料のテーマで建築系サイトを作りたい』という方のために、おまけとして2つほどテーマを紹介しておきます。

上記はホームページ制作会社も使用できる商用利用可能なレスポンシブWordPressテーマを提供する『クラウドテンプレート』による、建築系サイト向けの無料テーマです。

無料がイイ!という方はチェックすると吉かもしれません。

【まとめ】建築系サイトこそ、かっこいいWordPressテーマを選ぼう

こんな感じで、今回は建築デザイン設計事務所や建築系企業向けのWordPressテーマ厳選3つを紹介しました。

『建築系のサイトこそかっこいいスタイリッシュなテーマを選ぶべき』だと思います。

なぜなら形の無いものを売るケースが多い業種だからです。
この辺りはWeb・IT業界も一緒ですね。

なので繰り返しになりますが、デザイン性の高いWordPressテーマを選ぶことが大切です。

最後にもう一度、3つのテーマをまとめておきます。

  • UNIQUE:建築デザイン設計事務所サイト向け
  • MONOLITH:オーソドックスな建築系企業サイト向け
  • VOGUE:建築系企業のブランディングサイト向け

また、今回のWordPressテーマ以外もチェックしたいという方は、以下の参考記事をご覧ください。

参考記事:発表!おすすめ日本語WordPress有料テーマ一覧

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

flight