ご紹介!年表・タイムライン表示におすすめのプラグイン&WPテーマ

Date: | Category:便利でおすすめなWPプラグイン紹介

タイムラインコンテンツを簡単実装!

2018年2月投稿、2019年10月更新。

タイムラインコンテンツを上手く使用すると、企業の沿革や個人やお店の経歴をリッチに表現でき、訪問者へ直感的に訴えかける効果があります。

今回は年表・タイムラインを実装できるおすすめプラグインおよび、日本語のWordPressテーマを紹介したいと思います。

年表・タイムライン表示用のおすすめWordPressプラグイン

現在お使いのWordPressテンプレートに、タイムラインコンテンツ機能を追加したい場合におすすめのプラグイン。

2018年02月時点において定期的にアップグレードがなされており(更新が止まっておらず)、使いやすくてかっこいいものをチョイスしました。

年表・タイムライン表示用WPプラグイン「Timeline Express」

Timeline Express

管理画面の「プラグインを追加」からTimeline Expressをインストールすると、専用のアイコンが表示され、アイコンをクリックするとタイムラインを編集することが可能です。

編集の後、固定ページや投稿に下記のショートコードを貼り付けると、タイムラインコンテンツが表示されます。

なお、このプラグインの編集画面は英語です。
また、複数のタイムラインを表示することは不可となります。

WPプラグイン「Cool Timeline」

Cool Timeline

「Cool Timeline」プラグインを使用すると、縦の両面タイムライン、縦の片面タイムライン、および水平タイムラインを作成可能です。

またFacebookのように、別の年にクイックリンクを追加するオプションもあります。

さらに、任意のポストタイプを使用してタイムラインを作成し、複数のメディアフォーマット(ビデオ、スライドショー、ポップアップエフェクト付き画像)を追加することもできます。

なお、タイムラインのスタイルを変更したい場合は、あらかじめ定義されたカラースキンから、好みのものをチョイスすることが可能です。

タイムライン風コンテンツを簡単に設置できるWordPressテーマ Diver

人気の高いWordPressテーマ「Diver」

もしあなたが、タイムラインコンテンツを有したWordPressサイトをこれから制作したい場合。
あるいは、新しいWPテンプレートの導入を検討されている場合には、以下に紹介するWordPressテーマ「Diver」がベストプラクティスかもしれません。

この「Diver」は、SEOの強さと豊富なコンテンツデザインパーツにより、現在日本一人気が高いと言っても過言では無いハイスペックなWPテンプレートです。

その大きな特徴の一つである入力補助機能の順序付きリスト(ol)を使用すると、タイムライン風のコンテンツを簡単に作成することができます。

入力補助機能から年表タイムライン風コンテンツを設置できる「Diver」

もちろんタイムライン以外にも便利な機能が満載ですので、以下より詳細をご確認されることをオススメいたします。

WPテーマ「Diver」の詳細&デモ はこちら

「年表・タイムライン表示用プラグイン&WPテーマ」まとめ

以上、WordPressにタイムラインを実装する、おすすめプラグインとテーマを紹介しました。

既に構築済みのサイトにタイムラインコンテンツを追加したい場合、プラグインを導入するのがセオリーです。

一方、これからサイトを制作するのであれば、「Diver」をチェックしてみると吉でしょう。

人気の無料メール講座を、ご利用ください。

  • 【プロ直伝】制作前に必ず行う2つのこととは?
  • 【重要】収益サイト制作者が取るべき手段は何か?
  • 【発表】魅せるデザインのラインナップはこちらです。
  • 【無料】必ず入れておくべき、フリープラグイン8選!
  • 【一瞬】瞬時にサイトの印象を引き立てる方法。
  • 【3.5倍】こうして成約率が急上昇しました。
  • 【注意】なぜ記事を増やしてもアクセスが伸びないのか?

※下記のフォームからメール講座に ご登録いただけます。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

flight