【簡単】海外のかっこいいWordPressテーマを日本語で使う方法

『海外レベルのWordPressテーマを使いたいが英語が苦手で困る』
『なので日本語化したいが翻訳ファイル改修とか難しいことはイヤ』
『簡単に海外レベルのテーマを日本語で使う方法を教えて欲しい』

最先端を行く海外WordPressテーマは魅力的ですが、英語が苦手な人には敷居が高く、また日本語化するにしてもWP用の翻訳ファイルの作成などの一般的な方法は初心者には難しくおすすめできる方法とは言えません。

今回は上記のような悩みを解決する記事を書きました。
執筆者のプロフィールは下記のとおりです。

WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介 WordPressテーマ専門家『Takeshi Shiokawa』の自己紹介

この記事では、海外テーマを手軽に日本語で使用したい向けに、テーマの翻訳日本語化)プラグインおよび海外レベルの日本製WordPressテーマを紹介します。

記事を読み終えると、初心者の方でも海外レベルのデザイン・機能を有したWordPressサイトが手に入ります。

流し読みで充分ですので、ぜひ最後までご通読ください。

海外WordPressテーマを日本語化できる翻訳プラグインを使用

海外テーマのメニューを日本語化するには、通常ですと『.poファイル』や『.moファイル』といった翻訳ファイルを作成し、難解な設定をする必要があります

とても、初心者にはおすすめできません。

ですが、次の2つのような翻訳用WPプラグインを使用すれば多少面倒ではあるものの、難易度をグッと下げることが可能です。

  • WPプラグイン「Loco Translate」
  • WPプラグイン「My WP Translate」

各々、紹介します。

WPプラグイン『Loco Translate』

翻訳プラグイン『Loco Translate』

海外のWPテーマやプラグインの設定項目ごとに、日本語に翻訳できるWPプラグイン『Loco Translate』。

https://ja.wordpress.org/plugins/loco-translate/

LocoTranslate設定画面上の検索ボックスから、翻訳したい項目を簡単に検索・絞込が可能なことが特徴です。

入力ボックスに日本語化した文言を入力の後に保存すると、.po/.moファイルを自動で生成してくれます。

WPプラグイン『My WP Translate』

翻訳プラグイン『My WP Translate』

こちらもWPテーマやプラグインを日本語に翻訳できるWPプラグイン『My WP Translate』。

https://ja.wordpress.org/plugins/my-wp-translate/

機能としては先ほどの『Loco Translate』とほぼ同様です。
(※実績としてはLocoTranslateの方が多い)

どっちの方が良いかは、好みの問題になるかと思います。

海外レベルのデザイン・機能を有した国産WordPressテーマを使用

上記の翻訳プラグインを使用すれば、確かに日本語で海外WPテーマを使用可能になります。

一方、ちょっと邪道かもしれませんが、そもそも海外レベルの日本語テーマを選択すれば翻訳設定すら必要ありません。加えてマニュアルやサポートも日本語なので安心です。

具体的には、以下のとおり。

  • isotype:海外レベルのミニマルデザインのWPテーマラインナップ
  • STREETIST:海外レベルのギミックと高速性を有したWPテーマ
  • TCD:海外レベルのデザインと機能性を有したWPテーマラインナップ

上記、海外レベルの機能やデザインを備えた日本語WordPressテーマを厳選した3つです。

それぞれ、深掘りします。

isotype:海外レベルのミニマルデザインのWPテーマラインナップ

isotype:海外レベルのミニマルデザインのWPテーマラインナップ

海外レベルのミニマルデザインとパララックスが特徴的なWordPressテーマラインナップを提供する『isotype』。

美しい日本語フォント=Google NotoSansを軽量化し実装しており、日本語テキストでもカッコよく決まるのも特徴の一つです。

isotypeには10種類以上のWPテーマあります。各々の詳細についてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、ぜひ目をお通しください。

STREETIST:海外レベルのギミックと高速性を有したWPテーマ

STREETIST:海外レベルのギミックと高速性を有したWPテーマ

海外レベルのスタイリッシュなデザインとアニメーションギミックを誇るWordPressテーマ『STREETIST』。

主な特徴は次のとおり。

  • 海外で流行りのモノトーンベーススタイリッシュデザイン
  • SEOに強い設計!Google推奨の「JSON-LD」にも対応
  • CSSインライン化、JS最適化、画像遅延読込→サイト高速化
  • ブログ向けの記事装飾の機能が豊富
  • ブロックエディタに対応(専用プラグインを搭載)

実際の雰囲気は、以下からデモサイトをご確認ください。

無料でSTREETISTのデモを確認

TCD:海外レベルのデザインと機能性を有したWPテーマラインナップ

TCD:海外レベルのデザインと機能性を有したWPテーマラインナップ

企業サイト・ECサイトなど目的別のデザイン力と機能に定評があるWordPressテーマラインナップを提供する『TCD』。

そのデザイン性と機能性の高さは、もちろん海外レベルです。

TCDには10種類以上のWPテーマあります。各々の詳細についてはこちらの記事で詳しくまとめました。

まとめ:さっそく、海外レベルWPテーマを日本語で使い始めよう

以上、今回は海外のかっこいいテーマを日本語で使う簡単な方法を解説しました。

最後に要点をまとめます。

こんな感じで今回は終わろうと思いますが、最後にご提案です。

『このページを閉じたら、すぐに手を動かしましょう』

ネット上の記事を読んでから実際に行動する人は100名中で3名くらいだと思いますが、正直『行動に繋がらない情報収集は、ただの暇つぶし』です。

ぜひ、行動に移して、海外レベルWPテーマを日本語で使い始めてください。

記事をシェアする

  • Tweetする
  • FaceBookでシェアする
  • はてブにBookmarkする

Tags

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

  1. […] もしチャレンジする場合は、英語→日本語に変更できるプラグインもあるので、それを使ってチャレンジしてみてください。 […]

Comment(s)


Leave a Reply

flight